本文へジャンプします。

ウォーキング・ジョギングについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
健康・病気・医療 2015年3月27日

ウォーキング・ジョギングについてのアンケート・ランキング

「日ごろどんな“運動・スポーツ”をしていますか?」「ウォーキングとジョギングをどのくらいやっていますか?」「ウォーキング・ジョギングの際、目標にしていることは?」など“ウォーキング・ジョギング”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2015年3月13日~2015年3月19日/有効回答数:3,455

調査レポート

レポート01 週1回以上、日ごろ体を動かしている人は約6割という結果

日ごろどのくらい体を動かしていますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、最も多かったのは「毎日」で20%、次いで「1週間に1~2回」で19%。ちなみに「週1回以上」と答えたのは62%に対し、「まったく動かしていない」という人は20%でした。

■若い世代は、ほとんど体を動かしていない?
年代別で見ると、若い世代ほど「まったく動かしていない」の回答率が上がっており、60代以下では31%なのに対し、60代以上では6%でした。また、60代以上の80%が「1週間に1~2回」以上、体を動かすという結果となりました。

おおっ、60代以上の3割が「毎日」ですか! 日ごろから健康に意識して、体を動かしているんですね。私は、若い世代の傾向と同じく、ほとんど体を動かせていません…(>x<;)

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 日ごろしている運動・スポーツの1位は「ウォーキング・散歩」で47%

日ごろどんな「運動・スポーツ」をしていますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「ウォーキング・散歩」で47%、2位は「ストレッチ」で25%、3位は「体操(ラジオ体操など)」で11%と、ココまでが2ケタ超え。以下はすべてひとケタとなりました。

■男女とも「ウォーキング・散歩」が最も人気。それ以外は?
男女別で比較すると、男性は「ゴルフ」「ジョギング・マラソン」「登山・トレッキング」など、アクティブに出かけるものを好む傾向にあり、女性は「ストレッチ」「ダンス・エアロビ」「ヨガ・ピラティス」など、室内で手軽にできることを選ぶ傾向にありました。

男性は外、女性は中の運動を好むんですね、なるほど~。女性の場合、出かけるまでの準備に時間がかかるので、室内で手軽にできると運動を続けやすいですよね~(*^▽^*)私もホットヨガをやっていました♪

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 ウォーキングとジョギングを比べたら「ウォーキング」の方が人気

ウォーキングとジョギングをどのくらいやっていますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、最も多かったのは「ウォーキングのみ」で46%と半数に迫る勢い。一方「ジョギングのみ」は2%と、全体的にジョギングをしている人が少ない傾向にありました。また「どちらもやっていない」は44%でした。

■若い世代は、上の世代よりも「ジョギング」を選ぶ傾向にある?
全世代を通じて「ウォーキングのみ」を回答する人が多い中、30代以下は「ジョギングのみ」を回答する人が多いことがわかりました。一方で「どちらもやっていない」と回答する人も多く、若い世代は極端な傾向がありました。

「ウォーキング」が圧倒的に人気! 誰でもはじめられるし、手軽でいいですよね! これからの季節、桜を見ながらウォーキングしたら、景色良し・健康良しで一石二鳥ですよね。そして、団子を食べたら一石三鳥( ̄ー+ ̄)

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート04 ウォーキング・ジョギングする場所 1位は断トツ「家の近所」

ウォーキング・ジョギングをする場所は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「どちらもやっていないので答えられない」の人を除いて総計を見ると、1位は「家の近所」が72%と断トツ。2位は「公園」で23%、3位は「河川敷」で14%でした。

■30代以下と60代以上が身近な場所を選び、40・50代が勤務先近くを選ぶ?
年代別で見ると、30代以下と60代以上が「公園」「河川敷」などの身近な場所が相対的に高く、40代・50代は「職場近く」「ジム」など、勤務先近くをイメージさせる場所を選ぶ傾向にありました。

ウォーキングやジョギングをする時は、土地勘がないと不安だったりしますよね~。私はウォーキングはしないのですが、もしするなら家の近所かな~と思います。でも近所だと何もなくて飽きちゃうので、やっぱり続かない気も…(・▽・)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート05 ウォーキング・ジョギングを始めたきっかけ ランキング

ウォーキング・ジョギングを始めたきっかけは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「ウォーキング・ジョギングをしないので答えられない」の43%を除いて総計で見ると、1位は「健康のため」で65%、2位は「運動不足だったので」で58%、3位は「体力の衰えを感じたので」で32%でした。

■若い世代ほど「なんとなく」始めた人が多い
年代別を見ると、50代と60代以上は「健康のため」が1位なのに対し、30代以下と40代は「運動不足だったので」が1位と、年代で差が出ました。また、「なんとなく」は若い世代ほど高く、60代以上が5%に対し30代以下が23%と大きく差が開きました。

若い世代に「なんとなく」が多いのは、しばらく問題ないと思いつつ、少し気にかけているということでしょうか。私もそろそろ考えないと…(T▽T)

「調査団員の声」では、期待していた成果とその結果についていただきましたので、ピックアップします!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代男性

メタボ対策、家族、ご近所の人に{お腹が歩いている}と笑われた。近くにスポーツクラブが出来たのでなんとなく入会してしまった。美人トレーナーにジムでの運動を教えてもらいやりだした。それから12年たちました。89cmの腹囲が79cm、体重70kgが57kg。笑ってくれた家族、ご近所の奥さんに感謝、感謝。飲み放題、食べ放題、謳い放題、余生楽しくピンピン、コロリを目指します。!! 74才  大阪府  既婚 男性

お腹が歩いている、状態から12年運動を続けて13kg減はすごいです! ご家族、ご近所の方もびっくりされたんじゃないでしょうか?^▽^これからも元気でがんばってくださいね★調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

会社が100周年記念グッズとして歩数計を配り、健保のホームページに歩数登録するようにしたので、以来、意識して歩くようにしている。それまでは出来るだけ歩きたくない、楽をしようと思っていたが、バンドに小箱を付けてからは歩くことが苦にならなくなり、むしろ積極的に歩数を稼ぐようにしている。今では駅のエスカレーターは使わず階段を上り下りしている。階段を上った方がエスカレーターよりも早く着くことも判った。 62才  神奈川県  既婚 男性

会社のプレゼントがそんなに役に立つなんて! というのもすごいな~と思いましたが、会社が100周年記念というのもすごいです(*´∀`*)弊社はまだその1/3にも満たないので、がんばっていきたいと思いました。調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

地下鉄2~3駅なら歩くことにしているので、交通費が激減した。 58才  大阪府  既婚 女性

健康だけではなく、節約もできて一石二鳥ですね★駅に沿って歩くと迷子にならないって聞くので、迷いやすい私も駅近くなら歩けるかも!^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 ウォーキング・ジョギングの際、目標にしていること1位は「時間」

ウォーキング・ジョギングの際、目標にしていることは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「ウォーキング・ジョギングをしないので答えられない」の42%を除いて総計で見ると、1位は「時間」で34%、2位は「継続すること」で31%、3位は「姿勢・歩き方・走り方」で23%でした。

■60代以上は「継続すること」を目標としている人が多い
年代別で見ると、ほかの世代の1位は「時間」なのに対し、60代以上のみ1位は「継続すること」で37%と突出して高いのが特徴的。また、「歩数」「歩幅」「姿勢・歩き方・走り方」なども上の世代のほうが目標としている人が多いようでした。

天気や気温、疲れてたり忙しかったり…日々いろいろあるので、ウォーキング・ジョギングの習慣を継続するのは本当に大変ですよね><

「調査団員の声」では、ウォーキングやジョギングをしてきてよかった!と思った経験をいただきましたのでご紹介します~。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代女性

川沿いの道を歩いています。無人販売の野菜を買ったり、知らない人と野鳥を見ながらおしゃべりしたり、車椅子でお散歩中のご老人と挨拶を交わしたり、楽しみがあります。何よりウォーキングをしていれば、ブログのネタに事欠きません。 58才  東京都  既婚 女性

すれ違う人と自然にあいさつしておしゃべりして、ついでにお買い物もして、って自転車や車ではできない、まさに歩いているからできることですね、ステキです~(*´∀`*)調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

家の近くの川べりをウォーキングしています。自然が豊かなので色々と面白いモノが見られます。ビックリするほど大きな鯉が群泳しています。鷺が大きなヒキガエルを丸飲みしているのに出会ったことがあります。ヌートリアも時々泳いでいます。清流の宝石、カワセミにも出会えます。早朝だと鷺の餌付けに成功したオバサンがウォーキングしています。エサはおそらく魚肉ソーセージだと思うのですが、そのエサを求めて鷺が何羽もオバサンを追いかけている情景は、ちょっとした見物です。マネをして僕もエサを投げてみましたが警戒されて全然でした。我がウォーキング川べりは自然の王国です。 59才  京都府  既婚 男性

これは、まさに自然の王国! こんなにいろいろなものが見られるなら、ウォーキングしたいって思います>▽< エサを求めて鷺が何羽もオバサンを追いかけている情景、見てみたいです!調査団編集部:カワンヌ副団長

30代男性

主に都心部で思うことですが、交通機関の運行に支障があっても、ほんの少し歩けば代替ルートが利用できる。実際に歩いてみて道路に詳しくなり災害時に役立つこと請け合い。普段、交通機関で移動する区間を歩くことにより得られたこと。 途中で興味深いお店を発見できることがある、 不動産やコインパーク価格の相場、 どんな人が歩いているか、 この道はこんなところに繋がっていたんだという発見、 A駅とB駅は実はこんなに近かったetc 38才  東京都  未婚 男性

知らない道に立っていると、自分がどっちへ行っていいのかわからなくて不安になるので、普段からいろいろな道を知っているのは災害時、本当に役に立ちますね! 私ももう少し意識して歩かねば> <調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート07 ウォーキング・ジョギング時の邪魔・不満 1位は「歩道を走る自転車」

ウォーキング・ジョギングをしている時、邪魔・不満だと感じるもの・ことは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「ウォーキング・ジョギングをしないので答えられない」の42%を除いて総計で見ると、1位は「歩道を走る自転車」で36%、2位は「歩道がない通路」で26%、3位は同率「横に並んで歩く人」と「狭い歩道」で18%でした。

■女性のほうが全体的に不満が高く、特に「日差し・紫外線」が邪魔なよう
男女別で見ると、「日差し・紫外線」と答えたのは男性が12%に対し女性が42%と、女性のほうが不満に感じている人が多いようです。また、全体的に女性の方が不満が高く出ている結果となりました。

どれもウォーキング・ジョギングを邪魔するものが多いですね、女性の敵である「日差し・紫外線」は本当に勘弁してほしいです(TOT) これから日差しが強くなるので、しっかり対策する必要がありますね!

「調査団員の声」では、ウォーキングやジョギング時に邪魔だと感じたエピソードについていただきましたので、ピックアップします!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

先日のランニング中での出来事、ランドセル背負った帰宅中の女の子を抜いて前に出ようとしたとき、なぜかその女の子も突然進路を変えて私の走路を塞ぎ接触。咄嗟に転倒させてはいけないと、後ろから抱きかかえてどうにか転倒は免れたのですが、この瞬間、女の子が「キャ~~!!」と大きな悲鳴。どうやら変質者に間違えられてしまったようです。あやうく変なおじさんのなるところでした。(泣) 55才  広島県  既婚 男性

アハハッ、どっちの気持ちもよくわかるので、これはしょうがない。笑 でも助けて悲鳴をあげられるのはつらいですね(^▽^;)調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

近所の大きな公園がウォーキング場所です。四季の花・山野草・池や子供用の遊び場や乗り物などあり 皆さん楽しそうで その雰囲気も楽しみながら歩きます。でも写真好きの人たちもいっぱいです。 撮りたいものに夢中で その範囲内に入ろうものなら 邪魔な被写体が来て~~といった冷たい目で見られるんです。これがつらいです。 72才  埼玉県  既婚 女性

あー…その目、つらいですね(´;ω;`) 公園はみんなのスペースなので、悪いことはしていない、それを撮っている人もわかってるから邪魔だとは言わないけれど、目が言っていたら同じことですよね。。。調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

結構速いペースでウォーキングをしていたら、同じようにハイペースでウォーキングしてくる人がいて、並走?されてしまい、気分が悪かった。別に競争しているワケではないので、二人並んで歩道を早歩きしていたら、他人の邪魔になるのに。負ける気はしなかったが、こっちが一歩譲って後ろから追い上げる形になったら、途中で相手のペースが落ちて結果的にぶっちぎった。が、気分は少しも良くなかった。 49才  埼玉県  未婚 男性

うーん、知り合いとやろう!って言って競い合うならよいですが、知らない人とそういう風になるのはイヤですよね。負けても勝ってもいいことないですもん(T T)調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  2. アメリカで連想するものトップ3は「星条旗・国歌」「野球」「ハリウッド映画」
  3. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  4. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  5. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  6. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  9. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  10. 好きな出前メニューはやはり鉄板の1位ピザ、2位寿司・海鮮丼

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官