本文へジャンプします。

病気・ストレスについてのアンケート・ランキング 第3弾

本文へジャンプします。


何でも調査団
健康・病気・医療 2015年10月16日

病気・ストレスについてのアンケート・ランキング 第3弾

「体に異常を感じたとき、何をしますか?」「ストレスの要因になっている人はいますか?」「ジェネリック医薬品への変更が可能な場合、変更しますか?」など“病気・ストレス”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2015年9月25日~2015年10月8日/有効回答数:3,931

調査レポート

レポート01 体に異常を感じたとき 61%が「症状が改善されなければ、病院に行く」

体に異常を感じたとき、何をしますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「症状が改善されなければ、病院に行く」で61%と過半数。2位は「症状をネット検索して、病気かどうか調べる」で41%、3位は「体を休める」で40%と、ココまでが4割超えでした。

■女性は、調べて、対処法を試してから病院へ行く
男女別で見ると、女性は「症状をネット検索して、病気かどうか調べる」「すぐできそうな対処をする」で男性を大きく上回りました。逆に、男性のほうが女性より多かったのは「とにかくすぐ病院に行く」のみでした。

ちなみに年代別でみると、「症状をネット検索して、病気かどうか調べる」と回答した人は若い世代ほど多く、60代以上が30%なのに対し、30代以下は59%。逆に「とにかくすぐ病院に行く」は上の世代ほど多くなっていました。私も「とにかくすぐ病院に行く」なんですが、あれれ…(´・▽・`)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート02 風邪を引いたと感じたら「内科」に行く人が6割超え

自分が風邪を引いたなと思ったとき、何科に行きますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「内科(呼吸器内科、消化器内科なども含む)」で61%と過半数、2位は「市販薬で治す」で34%、3位は「個人医院」で24%、4位は「耳鼻咽喉科」で12%、5位は「何もしない」で10%でした。

■上の世代ほど「内科」「個人病院」、下の世代ほど「市販薬で治す」
年代別で見ると、上の世代ほど「内科」「個人病院」の割合が高く、特に「個人病院」は30代以下では13%しかいなかったのに対し60代以上では28%と、倍以上の差になりました。逆に「市販薬で治す」は若い世代ほど割合が高く、仕事を休まず、まずは薬で治そうと考える人が多いように思われます。

ちなみに男女別で差が多かったのは「耳鼻咽喉科」で、男性11%に対し女性は17%と女性に支持されていました。私も薬の効きがいいような気がして「耳鼻咽喉科」に行ってます★

「調査団員の声」では、自分の体調をチェックする方法を教えていただきました~!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

自分だけかも知れないが、風邪を引いている人の周りには何故かかび臭い体臭が感じられる、自分も体臭がかび臭いと風邪を貰ったりする。その時は、うがいを良くしてビタミンのサプリを飲んで、シャワーを浴びて体臭を洗い流します。すると、高い確率で風邪を引きません。 54才  茨城県  未婚 男性

風邪をひいている人=かび臭い、というのは感じたことないですが、体臭で体調がチェックできるのですね、すごいです~! 私は風邪の引き始めはだいたい鼻とのどにくるので、鼻が逆に利かなくなってしまいます(´;ω;`)グスン調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

居間のソファーに座っている時間が長い時は、何かおかしい時と自覚しています。普段はじっとしていることが少ない性分です。この夏の終り、妙に立ち上がれず変だと思い体温を測ったら8.5度もあり驚きました。日ごろ余り病気せず自分にとっては異例のことでした。すぐに横になって身体を休め事なきを得ましたが、もしや熱中症のはじまりだった?かと。 78才  東京都  既婚 女性

体調が悪いときは無意識に普段と違った行動をとっていたりしますよね…って、だいたい後から気づくので手遅れなのですが^▽^; すぐに気づいてよくなってよかったです!調査団編集部:カワンヌ副団長

40代男性

金属ベルトの腕時計を普段の手首でピッタリサイズに調整しているので、体調が悪く体がむくんだり太ったりあるいは痩せたりした場合はきつくなったりゆるくなるのですぐに分かります。 48才  千葉県  未婚 男性

なるほど~! 腕時計にそんな活用法があったとは(´▽`) 昔はずっと腕時計していたのですが、最近はしていなくて…またつけようかな~♪調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート03 ストレスの要因になっている人 1位は「会社の同僚、部下」23%

ストレスの要因になっている人はいますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「ストレスはない」(25%)を除いて総計で見ると、「会社の同僚、部下」が最も多く23%、次いで同率で「パートナー(夫婦・恋人)」「会社の上司」の20%でした。

■ストレス要因、男性は会社、女性は家庭!
男女別でみると、男性の上位は「会社の同僚、部下」(23%)「会社の上司」(21%)と会社関連が多くなっていました。一方、女性の上位は「パートナー(夫婦・恋人)」(29%)「両親」(23%)と、家庭関連が高くなっていました。

ちなみに年代別で比べると、「ストレスはない」と答えた割合は、50代以下の14~18%に対し、60代以上は37%と大きな差がありました。これは60代以上になると、会社のストレスがなくなるためでしょうか、それともストレス対処の方法を編み出しているのでしょうか…見習いたいです~><

調査団編集部:マリカナ団長

レポート04 ストレスを感じる頻度調査!「毎日ストレスを感じる」人は24%

ストレスを感じる頻度はどれくらいですか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、「ストレスはない」の16%を除き、最も多かったのは「毎日」で24%、次いで「週に2~3回」18%、「週に4~6回」の7%の順。それらを合わせた【週に2回以上ストレスを感じる割合】は50%でした。

■若い世代ほど高頻度でストレスを感じている!
年代別でみると、「週に2回以上ストレスを感じている」人の割合は、60代以上の35%に対し、50代は61%、40代は68%、30代以下では71%と若い世代ほど高頻度でストレスを感じていることがわかりました。

ちなみに男女別でみると、「毎日」ストレスを感じているのは男性23%に対し、女性29%と女性のほうがストレスを感じているようでした。私のストレスは、マリカナ団長からの圧力…というのは冗談で(笑)、あんまりストレスはないです^▽^

「調査団員の声」では、ストレスを感じたときにやっていることを詳しく教えていただきました。
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

「お酒を飲む」「嫁さんや親友に愚痴を聞いてもらう」「甘いモノを食べる」「プチ贅沢する」「ウサ晴らしドライブする」「運動して思い切り汗をかいて発散する」「好きな映画のDVDを観る」「好きなアーティストの音楽を聴く」などのベタな方法が多いですが、「ストレスを感じた原因をワープロで気の済むまで殴り書き出して、それをプリントアウトして、全てシュレッダーしちゃう」というのも結構スッキリしますよ~!一度お試しあれ^^; 47才  埼玉県  既婚 男性

「ストレスを感じた原因を書き出してシュレッダー」、いいですね!! 想像しただけでスッキリしました>▽< 今度イラッとしたらやってみます★調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

自分の好きな事を大切に実行。仕事が忙しくて、楽しみを持てなくなると、ストレスの度合いが急上昇する。私の好きなことは、「観劇」です。「次の観劇までは、倒れられない!」これが、元気が無くても無事に過ごせている源です。「今風邪引いたら、明日の観劇が行けなくなる!」 59才  兵庫県  既婚 女性

「次の観劇までは、倒れられない!」これ、すごくよくわかります~w 私も予定が次に控えているときは死んでも風邪はひけない!! って元気に動いてます~。確かにストレスを解消するための好きなことを死守する、っていうのも大事なストレス対処法ですね(*´∀`*)調査団編集部:マリカナ団長

年代性別不明

時間に余裕があるときは模様替え、時間がなければ掃除や磨き仕事(台所のシンク、靴、アクセサリーなど)。「身の回りをきれいにする・整える」という作業は、自分の心の中を整理して落ち着かせるのに効くような気がします。いろんな物がピカピカになれば、達成感で気分も上がりますし、靴やアクセサリーなら次のお出かけもバッチリで一石二鳥です(笑) 洗濯は扱いが難しい素材などもあって、ストレスで頭がモヤモヤしているときは失敗しやすいからNGです。

アッ、これ、私もやります! 無心で掃除をするとすごくスッキリするし、気分もいいし、イイですよね★ 私もおすすめです^▽^b調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 処方薬を購入する薬局を選ぶポイント1位は診断を受けた病院の近く

処方薬を購入する薬局を選ぶポイントは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「診断を受けた病院の近く」57%で断トツ。2位は「家の近く」で35%、3位は「かかりつけの薬局」で16%、4位は「ジェネリック医薬品を扱っている」で10%、5位は「薬剤師の説明が丁寧」で7%でした。

■若い世代は価格重視、上の世代は人重視!
年代別にみてみると、「かかりつけの薬局」「薬剤師の説明が丁寧」など、人に関する項目を重視する傾向が高いのは上の世代でした。逆に「価格が安い」「ポイントがたまる」など、価格に関する項目を重視するのは、若い世代ということがわかりました。

今までの調査でも、若い世代はコストパフォーマンス重視の傾向があったのですが、今回もその傾向に当てはまりましたね~。私は1位の「診断を受けた病院の近く」です~。病院を出るともう何も考えられず、フラフラと近くの薬局に吸い込まれます~(∩´∀`;)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート06 ジェネリック医薬品【変更する】68%、【変更しない】29%

ジェネリック医薬品への変更が可能な場合、変更しますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、「必ず変更する」「変更することのほうが多い」を合わせた【変更する派】は68%、「変更することはほとんどない」「絶対に変更しない」を合わせた【変更しない派】は29%と、ジェネリック医薬品に変更する人が圧倒的に多い結果になりました。

■上の世代ほどジェネリックに変更している
年代別に見ると、【変更する派】は、30代以下・40代は同率で63%、50代が69%に対し、60代以上は72%と、上の世代ほどジェネリックを選んでいる傾向がありました。「ジェネリック医薬品を知らない」と回答する割合は若い世代ほど高いため、認知度の差が表れているのかもしれません。

ちなみに男女別でみると、【変更する】と回答した割合は、男性70%、女性64%と男性のほうが多いようでした。女性のほうが薬に対して慎重なんでしょうか?^▽^

「調査団員の声」では、ジェネリック医薬品を購入する理由・しない理由を教えていただきましたのでご紹介します。
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代女性

アレルギー反応が出る薬があるので、今まで飲んでいる薬が体に合っていれば、安いからという理由でジェネリックに変えることはありません。薬はひどい副作用が出る物があるので、軽々しく飲まないようにしています。そして、これはテレビからの情報ですが、ジェネリックは、他社との差別化を図るために各社独自の味(フルーツやヨーグルト味など)をつけているらしく、それもジェネリックを飲みたくないと思う理由の一つになっています。私の周りでも、ジェネリックは飲まないという意見が多いです。年齢のせいもあるのかもしれません。薬で失敗したら取り返しがつかない年齢になってきているからかもしれません。 55才  福岡県  既婚 女性

各社独自の味をつけているというのは知らなかったです~! 私は一度ジェネリックにしてみたときに効きが普段より良くない気がして、それ以来変更してないです。せっかく飲むならちゃんと効く方を多少高くても飲みたいですよね。調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

ある種のジェネリック薬の効能が良くないのは単純に気のせいだと思っていたが、親しい医師に訊くと、カプセルの質が良くなくて体内で溶け出す時間があわず、薬効を活かしきれないものがあるとのことだった。服用してみて効果のなかったジェネリックは次からは使わないようにしている。 58才  埼玉県  既婚 男性

「服用してみて効果のなかったジェネリックは次からは使わない」、っていいですね! 一度は失敗してしまっても良かったらそのまま使えるし、その後悩むこともないですもんね^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

亡くなった主人の父が、大病院で先発薬をもらっていた時には、1か月に何万円もの薬代が掛かっていたのに、近くの診療所に掛かるようになり、薬もジェネリックになったら、数千円ですむようになった経験があるので、出来るだけジェネリックを選ぶようにしています。 57才  千葉県  既婚 女性

何万が数千円…そ、それは大きいですね。汗(´▽`) 薬代が毎月たくさんかかってしまう場合はジェネリックを検討してもよいのかも…とそれだけの差を見ると思ってしまいました。調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート07 お薬手帳 47%が「自分の服薬履歴を管理するために使っている」

お薬手帳について、当てはまるものを選んでください。(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「自分の服薬履歴を管理するために使っている」で47%と断トツ、2位は「調剤時に、薬剤師に必ず見せている」で22%、3位は「薬の飲み合わせを見てもらうために使っている」で21%でした。

■女性は男性よりもお薬手帳を活用している
男女別にみてみると、ほとんどの項目で女性が男性を上回る結果になりました。特に差が開いたのは「薬の名前を正確に残しておくために使っている」(男性14%、女性24%)と「家族の服薬履歴を管理するために使っている」(男性7%、女性17%)でした。

ちなみに年代別では、60代以上は他の世代よりお薬手帳を活用しているようでした。私はお薬手帳は持っているし、シールももらうんですが、シールを挟んでいるだけで、管理できてしません。汗(∩´∀`;)

調査団編集部:マリカナ団長

調査レポート



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  2. アメリカで連想するものトップ3は「星条旗・国歌」「野球」「ハリウッド映画」
  3. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  4. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  5. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  6. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  9. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  10. 好きな出前メニューはやはり鉄板の1位ピザ、2位寿司・海鮮丼

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官