ストレスを感じる頻度調査!「毎日ストレスを感じる」人は24%

本文へジャンプします。


何でも調査団
健康・病気・医療 2015年10月16日

病気・ストレスについてのアンケート・ランキング 第3弾

「体に異常を感じたとき、何をしますか?」「ストレスの要因になっている人はいますか?」「ジェネリック医薬品への変更が可能な場合、変更しますか?」など“病気・ストレス”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2015年9月25日~2015年10月8日/有効回答数:3,931



レポート04 ストレスを感じる頻度調査!「毎日ストレスを感じる」人は24%

ストレスを感じる頻度はどれくらいですか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、「ストレスはない」の16%を除き、最も多かったのは「毎日」で24%、次いで「週に2~3回」18%、「週に4~6回」の7%の順。それらを合わせた【週に2回以上ストレスを感じる割合】は50%でした。

■若い世代ほど高頻度でストレスを感じている!
年代別でみると、「週に2回以上ストレスを感じている」人の割合は、60代以上の35%に対し、50代は61%、40代は68%、30代以下では71%と若い世代ほど高頻度でストレスを感じていることがわかりました。

ちなみに男女別でみると、「毎日」ストレスを感じているのは男性23%に対し、女性29%と女性のほうがストレスを感じているようでした。私のストレスは、マリカナ団長からの圧力…というのは冗談で(笑)、あんまりストレスはないです^▽^

「調査団員の声」では、ストレスを感じたときにやっていることを詳しく教えていただきました。
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

「お酒を飲む」「嫁さんや親友に愚痴を聞いてもらう」「甘いモノを食べる」「プチ贅沢する」「ウサ晴らしドライブする」「運動して思い切り汗をかいて発散する」「好きな映画のDVDを観る」「好きなアーティストの音楽を聴く」などのベタな方法が多いですが、「ストレスを感じた原因をワープロで気の済むまで殴り書き出して、それをプリントアウトして、全てシュレッダーしちゃう」というのも結構スッキリしますよ~!一度お試しあれ^^; 47才  埼玉県  既婚 男性

「ストレスを感じた原因を書き出してシュレッダー」、いいですね!! 想像しただけでスッキリしました>▽< 今度イラッとしたらやってみます★調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

自分の好きな事を大切に実行。仕事が忙しくて、楽しみを持てなくなると、ストレスの度合いが急上昇する。私の好きなことは、「観劇」です。「次の観劇までは、倒れられない!」これが、元気が無くても無事に過ごせている源です。「今風邪引いたら、明日の観劇が行けなくなる!」 59才  兵庫県  既婚 女性

「次の観劇までは、倒れられない!」これ、すごくよくわかります~w 私も予定が次に控えているときは死んでも風邪はひけない!! って元気に動いてます~。確かにストレスを解消するための好きなことを死守する、っていうのも大事なストレス対処法ですね(*´∀`*)調査団編集部:マリカナ団長

年代性別不明

時間に余裕があるときは模様替え、時間がなければ掃除や磨き仕事(台所のシンク、靴、アクセサリーなど)。「身の回りをきれいにする・整える」という作業は、自分の心の中を整理して落ち着かせるのに効くような気がします。いろんな物がピカピカになれば、達成感で気分も上がりますし、靴やアクセサリーなら次のお出かけもバッチリで一石二鳥です(笑) 洗濯は扱いが難しい素材などもあって、ストレスで頭がモヤモヤしているときは失敗しやすいからNGです。

アッ、これ、私もやります! 無心で掃除をするとすごくスッキリするし、気分もいいし、イイですよね★ 私もおすすめです^▽^b調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

あまり皆さんに一般的に参考になるような、「気分転換」の方法は持ち合わせていませんが、歳を重ねたせいだと思うのですが、物事を悪い方に考えないで、自分が想像するほど大したことじゃないんだと、気持ちをポジティブに持てるようになってきたせいか、あと後まで引きずるような不快感からは解放されています。何事にも誠実に、誠心誠意対処しさえすれば、どんなことでも「最悪の事態」にはそうそうなりませんし、大したことはありません。 55才  千葉県  既婚 男性

60代男性

65歳の定年退職時妻にボケ防止にパソコンを勧められ、独学で始めその後15年経ち80歳に成りましたが、パソコン上で友が出来まして、現在50名の方と女房の事・趣味の事・ストレスの原因の事・いろいろインターネットで連絡していると一日が過ごせます。 80才  愛知県  既婚 男性

60代男性

ストレスがあろうがなかろうが、やらなければなければならないことは、やらなければならない。それが、ストレスであっても逃げられない。な~んてことは、わかっているつもり。だから、ストレスになっていると思ったことがあれば、一度放り出して、距離間を取ってみている。そうすると、ストレスがストレスでなくなることもある。場合によっては、その時に視点を変えられれば、楽しみになることもある。要は、イヤイヤ目線をどうするか、である。 64才  群馬県  未婚 男性

40代女性

古い厚手の電話帳や雑誌などを一冊、テレビで「怪力の持ち主」などと紹介される方々がデモンストレーション的にやるような要領で、部屋の中で力いっぱい引き裂く。意外と力が要るので、疲れてある程度ストレスが発散される。要らなくなった紙に当たりちらすので、掃除もさほど困らないし、ほとんど周囲に迷惑もかからないはず。ただし、紙で手を切ったり手首を痛めたりしないように注意が必要。 46才  京都府  既婚 女性

60代男性

趣味に没頭する。音楽を聴く(のりのいい曲か、バラードなど時々に合わせる)、映画を見る(痛快なアクション映画か、涙が流れるようなヒューマンドラマ)、場合によってはシューティングゲーム(敵キャラをストレスの原因とみなして撃ちまくる…ただし、その敵キャラにやられるとストレス発散どころかかえってストレスが倍増するが…)などやりたいことをする。散歩も気晴らしになる。 60才  宮城県  既婚 男性

40代男性

向き合う。ストレスは生物が生きていく上で必要なもの。ストレスが無い=生きていない、ということ。解消する、ではなくどう向き合うかが大事だと思っています。向き合えないダメなヒトは壊れちゃいますね。生きている限りあらゆる生物がストレッサーと共存しているのに人間だけがうまく付き合えていないのかな? 45才  愛知県  未婚 男性

50代男性

愛猫と遊ぶ。大きめの段ボール箱に猫を入れ、ボールペンで箱の外からじゃらす。目を見開いて捕まえようとするのだが、ウッカリすると鋭い爪のエジキで流血。スリリングだ。何も考えずに集中できる。猫が疲れてきたら抱き上げて添い寝するのだが、毛づくろいなのかな、私の首筋をぺろぺろ、、。気持ちいい。最高の癒しである。 55才  埼玉県  既婚 男性

30代女性

部屋でストレッチと軽い筋肉トレーニングで、汗を掻いてお風呂に入ることです。その後のビールがストレス解消に役立っています! 37才  新潟県  未婚 女性

60代男性

「おまえは、今ストレスを感じているぞ」と自分の耳に聞こえるように声に出す。これは自己暗示法の一環で、最も強力な改善法です。効果絶大です。 66才  宮崎県  既婚 男性

60代男性

難病の妻の症状が進んでいくのがストレスの種なので、手の打ちようがない。私も難病認定を受けているが、苦しさは段違いに妻の方が高い。お互いに「なるようになるさ」と割り切っているが、やはり苦しむ妻の言葉の端々に心が痛む。また、ストレスの種になるようなバカな犬を飼っているが、このバカさが反って癒してくれているようだ。 85才  京都府  既婚 男性

60代男性

散歩する。音楽を聴く。本を読む。本当は「寝る」が良いのですが、ストレスを感じているときはなかなか眠れない。これは、ストレス原因に纏わることを寝ながら「考えて」しまうからだと思うのですが、「考える」ではなくてボンヤリと「想う」ようにすれば何となく寝付いてしまえることも多いのです。 66才  大阪府  既婚 男性

40代男性

呑んで寝る。安上がりですが、呑みすぎると自己嫌悪がストレスになったりするので失敗することも多いです。次いで、マッサージに行く。お金はかかりますが、体のリフレッシュで心を引っ張ってもらいます。最後は旅行・ダイビング。できれば国外。単身行になるので、つまらないことを考えている暇がなくなります。国内だとイロイロあることがありますが…。根本的解決にはならないですが、ストレスメーターをリセットすることはできるようです…。 46才  東京都  未婚 男性

60代女性

PCでゲームをします。トランプ系など、シンプルなものがいいです。目の前のカードに集中していると他のことはどこかに消えます。一種の現実逃避ですね^^;。結果を気にせず時間つぶしのつもりが、思わぬ高得点(自分なりの)が出ると気分がよくなるというプラス効果もあります。 67才  大阪府  未婚 女性

40代女性

つい最近の出来事ですが、仕事が忙しくて(休憩も行けないくらい)イライラしてたので終業後スタバでフラペチーノを飲みました。ちょっとプラスで甘めにして頭がキーンとしてるうちにイライラも解消して「甘~い!おいしい!」と一人でニッコリしてました。 49才  愛知県  既婚 女性

50代女性

美味しいものを食べます。会社から帰って、母と二人で美味しいものを食べに来ます。美味しいお肉とか、お魚を食べると、イヤなことがあった翌日でも、何とかお仕事ができます。 56才  長野県  未婚 女性

60代男性

運動前であれば運動をして気分転換。予定がなければ本(ジャンルは何でも)。読書をして頭の中を本の内容で一杯にして、ストレスを忘れる様にしています。 62才  千葉県  未婚 男性

40代女性

同居なので派手なストレス解消ができません。自分宛てにグチグチ書いたメールを送ったり、ノートに気持ちを書いて自分の心の整理をしています。 44才  東京都  既婚 女性

60代男性

罪を憎んで人を憎まずを心掛ける。 62才  島根県  未婚 男性

50代男性

寡黙になる。逆に、身体を動かさない日が長く続くとストレスが溜まるのを知っているので、少なくとも週に2回は全力で運動する。 55才  大分県  既婚 男性

60代女性

花の咲いている公園をウォーキングする。1時間強ぐらい一人で歩く。私はこれで十分心が癒されるので。 70才  大阪府  既婚 女性

60代男性

すべてプラス思考でストレスとは無縁 80才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

なぜ、自分がそのことでストレスを感じるのか考える。つらつらと考えていると、このイライラや怒りが一時的なもので、じつは自分にとって大した問題でない、とわかることもある。どうしてもそう思えないストレスは仕方ないから忘れるようにする。実際は忘れられないこともあるけど(笑)。 61才  東京都  既婚 男性

50代女性

家にいるときはお酒を飲む、おいしいものを食べる、寝る。外では、例えば電車の中等では、イヤホンをつけて、周りの音が聞こえないようにしたり、見えないようにする(音楽を聴く、目を閉じる、ゲームをする) 53才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

趣味のサイクリング、山歩き、ウォーキング等、兎に角運動して発散します。 71才  兵庫県  既婚 男性

年代性別不明

無言で、その場所から高速度で立ち去る

60代男性

引っ越してきたマンションの上階の人が雨の日以外は毎日布団を干す、南向きの面だけなら良いが斜めになっている部分にも干すので「西向きの所は止めて貰えないか」と写真を添えて頼んだkが「そういう事を言われると迷惑です」と??言われて無視して一年に200日位は干されている。風で干してある寝具が動くとテレビが見にくいのでカーテンを閉めている、特に11月12月の南から陽がさすときのカーテン内の生活は厭になる。我慢するしか方法は無い。 90才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

ストレスを感じず生きることは不可能なこと。生きている証拠です。世の中自分の思い通りに生きていたら成長がありません。気を遣ったり遠慮したりイヤな思いをしたり、喜怒哀楽があるから楽しいのでは。ストレスの種類にもよりますが‥。 59才  東京都  既婚 女性

50代女性

思考を止める・寝る。とにかく考えこまないようにする。それでも治まらないときは、友人にメールを送ってアドバイスをもらう。メールの文章を簡潔明瞭にするために考えると、頭の中で物事を整理できて、落ち着いてくる。 59才  大阪府  未婚 女性

40代女性

休日はどこも出かけず、体を休めるために眠る。好きな音楽を聴き、好きなものを食べる。家事もできる限り減らす。とにかく、体を休めることが重要と思っている。 44才  静岡県  未婚 女性

50代女性

気にしないようにする。時間がたてば徐々に薄れていくと思うから。嫌な言葉を言った相手がどういう気持ちで言ったかを考えてみる。 56才  北海道  既婚 女性

60代男性

また始まった位であまり気にしないことにし、数日経てば忘れるから別に何もしない。するとすれば、ドライブに出かける位かなぁ~。 85才  京都府  既婚 男性

50代男性

以前は、買い物(近くか、少し遠いアウトレット等)に行った。最近は、ただリラックスして、ストレスを考えないように。 56才  長野県  未婚 男性

30代女性

カラオケで歌う。腹式呼吸で大きな声を出している時も、終了後の疲れている時も余計なことを考える余裕が無くなるため。 25才  東京都  未婚 女性

50代女性

気の合う仲間と飲んで食べておしゃべりして、愚痴をぶちまける! 解ってくれる仲間がいる事が何よりの宝です。 51才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

日帰り温浴施設に行ってたっぷりと汗をかいてくる。そうすると体がすっきりします。 66才  愛知県  既婚 男性

60代男性

他のことを考える。俳句をやっているので考えをそちらへ向ける。それでだめなら旅行にでかける。 86才  東京都  既婚 男性

60代女性

一人の時間をとる、今は介護中なので行けてないが以前はスーパー銭湯などでのんびりしていた 64才  奈良県  既婚 女性

60代男性

以前は煙草をチェインスモークしていたが,やめたので,せいぜい大声を出すくらい。 70才  東京都  既婚 男性

60代男性

ストレスを感じそうになったときは妻に話す。人に話すことで発散し考え方を変える。 69才  岡山県  既婚 男性

40代女性

ゴルフの打ちっぱなしに行って、ストレス解消をしている。 48才  大阪府  未婚 女性

60代男性

世にストレス、ストレスとよく云いますけれど、ストレスを感じたことは一度もありませんし、「俺はストレスだ」と云う人にも、未だかって会ったことはありません。そもそもストレスって何なのか不可解です。 84才  北海道  既婚 男性

60代男性

イライラしている時は自分の体調が悪い事が原因の時は安静に休む。他人に起因する時は話を継続しないでダンマリを継続する。 84才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

ストレートに機嫌が悪い表情や動作をしている、口を利かないなど。 77才  東京都  既婚 男性

60代男性

あまりストレスを感じない方だが、胃酸過多の傾向があるため、その症状がでるたび、あっ何かストレスを感じているんだなと判断している。意外と当たるものです。 72才  東京都  既婚 男性

病気・ストレスについてのアンケート・ランキング 第3弾
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  2. アメリカで連想するものトップ3は「星条旗・国歌」「野球」「ハリウッド映画」
  3. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  4. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  5. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  6. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  9. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  10. 好きな出前メニューはやはり鉄板の1位ピザ、2位寿司・海鮮丼

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官