本文へジャンプします。

定年(60歳以降の生活)についてのアンケート・ランキング【前編】

本文へジャンプします。


何でも調査団
定年・退職・老後の生活 2012年8月3日

定年(60歳以降の生活)についてのアンケート・ランキング【前編】

「定年後(もしくは60歳以降)にやり始めたこと、以前より意識的に増やしたものは何ですか?」「定年後の生きがいは何ですか?」など“定年(60歳以降の生活)”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年7月20日~7月26日/有効回答数:3,607

調査レポート

レポート01 50代において定年後のことを全く考えていないが30%、考え始めたが53%

定年後、または「定年」に当てはまらない方(主婦など)は60歳以降の生活についてお聞きします。
現在のあなたに最も当てはまるのは?

グラフ
編集部まとめ

「定年を迎えている人」が全体の33%に対し「定年を迎えていない人」が63%(※4%は「その他」)という割合でした。

さらに「定年を迎えている人」の中では、「やりたいことが見つかっていない」人に対し、「やりたいことが見つかっている」人が約3倍。また「定年を迎えていない人」の中では、「定年後のことは全く考えていない」という人と「ざっくりと考え始めた」がそれぞれ総計の2割以上を占めており、具体的に考えている、準備を始めている人の割合は総計の1割ほどでした。

年代別で見ると、やはり年代が上がるにつれ、考えたり準備を始める人の割合が増えています。特に50代で「全く考えていない」人の割合と「ざっくりと考え始めた」人の割合が逆転するのが特徴的。また、男性と比べて女性の方が早くから定年後の生活について考え始める傾向も見えました。

驚いたのは、30代以下でも3割の方が定年のことを考え始めていることです。

調査団編集部:ポンシュク団長

私も老後の移住先は決めてますけどね。好きなサッカークラブのある街に住みたいです!

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

もうその頃にはチームなかったりするんじゃないのそれ。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

レポート02 定年後の生活イメージ トップ3は「のんびり」「不安」「自由」

定年後(もしくは60歳以降)の生活をひと言で表すと?
まだ定年を迎えていない方(「定年」に当てはまらない方で60歳未満の方)は、想像でお答えください。

グラフ
編集部まとめ

総計では「ゆったり、のんびり」が35%でトップ、次いで「不安」が25%、「自由」が16%となりました。

レポート01の回答を元に「定年後の人」「定年前の人」と分けさせていただき、それぞれの回答を分析したところ、「定年後の人」においては「ゆったり、のんびり」「自由」「はつらつ、アクティブ」といったポジティブなキーワードがトップ3に入り、一方の「定年前の人」においては「ゆったり、のんびり」に次いで「不安」が僅差でランクインするなど、ネガティブなイメージを持っているという結果に。

「定年後の人」と「定年前の人」では「定年後の生活」のイメージに大きくギャップがあるようです。

そりゃあそうですよねー。我々30代が定年する頃の「定年」は不安でいっぱい…。

調査団編集部:ポンシュク団長

その一方で、実際に定年になっている方は「自由」を感じている。これは単に定年した方と、していない方の実感の差なのか、それとも世代間のギャップなのか…微妙なところです。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

そういえばうちの父はどうする気なんだろう…いいかげんそろそろ老後のことも決めなきゃいけないと思うんだけどなあ。家でごろごろするのかなぁ…。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

レポート03 定年後は「趣味を深める」/定年後に始めたor始めたい習い事調査

定年後(もしくは60歳以降)にやり始めたこと、以前より意識的に増やしたものは何ですか?
まだ定年を迎えていない方(「定年」に当てはまらない方で60歳未満の方)は定年後にやりたいことを選択してください。
また、「習い事」とお答えの方、具体的に教えてください。

グラフ
編集部まとめ

「定年後の人」と「定年前の人」どちらにおいてもトップは「趣味を深める」で40%超え。次いで「国内旅行」「運動・スポーツ」と続きました。

「定年後の人」がやり始めたと答えた割合が「定年前の人」よりも高かったのは「運動・スポーツ」や「家のこと(掃除や洗濯など)」、特に「家のこと」は男性の回答割合が高く、今までやっていなかった家事を定年を機にやり始めた、という人が多い様子。

また「定年後にやり始めたこと/やりたいこと」で「習い事」と答えた方に聞いた具体的な問いについては、「絵画、彫刻、陶芸などの芸術系」「語学」「音楽・楽器」がトップ3でした。

「定年後の人」が習い始めたものは、1位が断トツ「パソコン」、2位が「カメラ、写真」、3位が「語学」なのに対し、「定年前の人」が習いたいと思っているものは、1位が「絵画、彫刻、陶芸などの芸術系」、2位が「音楽・楽器」、3位が「語学」と、ココでもギャップが見られました。

ちなみに、女性は「フィットネス(ジム、ヨガ)」や「水泳」などの運動系や書道、絵画など芸術系が、男性は「パソコン」「カメラ、写真」が多くなっていました。

定年されると男性は「家事」を、女性は「習い事」を、やり始めている方が多いところが面白いですね。これまでの流れと同様、定年後は女性のほうが自由に目覚めるようです。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

定年後にやり始めたことは「妻との会話」って人がいたけど…。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

習い事で「カラオケ」という方もいらっしゃいましたね。“習う”というところに本気度を感じます。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート04 男女で意識差 定年後の生きがい男性は「パートナー」女性は…

定年後(もしくは60歳以降)の生きがいは何ですか?
まだ定年を迎えていない方(「定年」に当てはまらない方で60歳未満の方)は、定年後、何が生きがいになっていると思いますか?

グラフ
編集部まとめ

「定年前の人」が、定年後の生きがいになるのではないかと思っているものは、1位が「パートナーの存在」で36%、次いで「健康を維持すること」「趣味や習い事」「旅行」がわずか数票差で同率となりました。

対して実際の「定年後の人」の生きがい1位は「健康を維持すること」で55%と半数以上。また、回答を男女で比較すると「パートナーの存在」という回答は男性44%に対し、女性が21%となんと半分。その分、女性は「1人で気ままに自由を楽しむ」や「友人との交流」「勉強などで知識を深める」「おいしいものを食べる」などパートナー以外に関わることを多くあげています。男女の意識の差が見られる結果となりました。

前もどっかで言ったけどさあ、男性は奥さんを生きがいにしているのに、女性はあんまり生きがいにしていないってのは、なかなか切ないぜ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

いや、私も旦那に「君が生きがいだ」って言われたらちょっと重いけど。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

えっと…その一方で女性は友達との交流を生きがいにしていますね。まあ、そんな奥さんを許す男性の皆さんの懐が深いってことで、よろしいですか。どっちにしても切ないなあ。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート05 定年後つながっていた方がいいのは「パートナー」「趣味のあう友人、仲間」

定年後(もしくは60歳以降)、誰と交流している(つながっている)とよいと思いますか?
まだ定年を迎えていない方(「定年」に当てはまらない方で60歳未満の方)は、想像でお答えください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「パートナー」で61%、2位は「趣味のあう友人、仲間」で51%、3位は「子ども、孫」で44%となりました。

定年前・後の差はありませんでしたが、「定年後の人」を男女別に見ると大きく差が出ました。男性は「パートナー」と答えた人の割合が68%とトップ、次いで「子ども、孫」で50%。対して女性は1位が「趣味のあう友人、仲間」でなんと73%、4人に3人が回答していました。さらに2位は「子ども、孫」で55%、3位でようやく「パートナー」という結果に。

レポート04に続き、ココでも男女間の意識差が出る結果となりました。

ここでも女性は「パートナー」より「友人」かあ…世知辛いよねえ…。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

“生きがい”よりも“つながっていたい”割合が高かったのが「子ども」という結果も興味深いです。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

「趣味の合う友人」って大事なんですねえ…考えてみれば、友人はいても「趣味の合う友人」って少ないなあ…がんばります。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート06 定年後 不安に感じること 1位は「病気や体力の衰えなど」

定年後(もしくは60歳以降)、不安に感じているもの・ことは何ですか?
まだ定年を迎えていない方(「定年」に当てはまらない方で60歳未満の方)は、想像でお答えください。

グラフ
編集部まとめ

総計を見ると、1位は「病気や体力の衰えなど」で65%、2位は「医療・入院費など」で59%、3位は「生活費・食事代」で55%、4位は「年金の支給額」で51%とココまでが50%超え。

「定年後の人」は、「病気や体力の衰えなど」「医療・入院費など」など健康面の不安が高く、「定年前の人」は、「生活費・食事代」「医療・入院費など」や「年金の支給額」など金銭面での不安が大きい、という結果となりました。

全体的には、「定年後の人」よりも「定年前の人」の方が複数の不安を抱えているというのも特徴的でした。

んー、ここでも現在定年の方よりも、定年になっていない方の不安のほうが大きいみたいですね…。

調査団編集部:ポンシュク団長

まあ、単純に我々が定年になっている頃のほうが、人口も減っているわけで、年金も不安なわけで…。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

自分だけでなく「親の面倒を見る」という課題もありますしね。なかなか楽ではありません。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

調査レポート



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  2. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  3. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. 好きな虫ランキング、1位 ホタル、2位 トンボ、3位 カブトムシ、クワガタ
  6. 好きな焼肉の部位ランキング 1位 カルビ、2位 ロース、3位 タン
  7. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  8. 欲しい「ドラえもん」のひみつ道具ランキング、1位「どこでもドア」が7割超え
  9. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  10. 好きなペットボトルのお茶ランキング 1位は「お~いお茶(伊藤園)」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官