雨の日が好きな人は10%、嫌いな人は73%

本文へジャンプします。


時事・季節 2013年6月7日

雨・梅雨についてのアンケート・ランキング

「傘を持っていくのは降水確率何%から?」「雨の日の過ごし方は?」など“雨・梅雨”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2013年5月24日~2013年5月30日/有効回答数:4,614



レポート01 雨の日が好きな人は10%、嫌いな人は73%

雨の日は好きですか?

グラフ
編集部まとめ

総計では、「死ぬほど好き!」「大好き」「まぁ好きかな」の【好き派】は10%、「死ぬほど嫌い!」「嫌い!」「そんなに好きでもない」の【嫌い派】は73%と、圧倒的に嫌いな人の方が多いようです。ちなみに、【ふつう派】は17%でした。

■女性よりも、男性の方が雨が嫌い?
男女別で比較すると、「死ぬほど嫌い!」「嫌い!」「そんなに好きでもない」と答えた【嫌い派】は女性が68%だったのに対し、男性は75%とやや高め。女性よりも、男性の方が雨を嫌う傾向にあるようです。

えっ男性の方が嫌い派が多いのですか? Σ(`・Д・ノ)ノ
女性の方が髪がまとまらなかったり履いていく靴に困ったりで、雨嫌いが多いイメージでした…!

「調査団の声」では、なぜそのように答えたのか理由をお聞きしました♪
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代女性

【嫌い!】カーペンターズが歌ってたけど、やっぱりrainy days Mondays always get me down~でしょう。天気ってけっこうストレートに気分に影響しませんか? あと、くせ毛なので、湿気が多いと髪の毛が波打ってしまっていやです。 51才  東京都  既婚 女性

天気、気分に影響しますね~。やっぱりいい天気だと気分もよくなって、そのままぷらりと遊びに行きたくなります…が、そういう時に限ってお仕事なんですよね(´・ω・`)がんばらねば!調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

【まぁ好きかな】傘を必要とするので本当は嫌いです。だけど、雨が降ってくれると、植木鉢に水くれをしなくてすむ、家庭菜園の野菜の水不足を心配しなくてすむ等々、定年後の暇人生活になっての雨のメリットが感じられるようになってきました。それに、出かけるのも出勤のような義務的なものは少なくなってきているので、傘を使ってまでのお出かけはヤメたという贅沢生活も許されるので。決して晴耕雨読ほどのまじめ人間ではありません。単なるズボラです。 62才  群馬県  未婚 男性

確かに水やりの手間が減るのはありがたいですよね! 雨が降ったら出掛けない、贅沢生活に憧れます!>▽<(笑)調査団編集部:カワンヌ副団長

40代男性

【大好き】私はクルマ乗りなので、クルマの機能を使えることがまず一つ。そして、空気中のチリ、誇りを洗い流してくれて雨上がりの空がきれいになることが一つ。最後は、私自身が荒天が好き、というのもありますね。 42才  北海道  未婚 男性

「クルマの機能を使えること」が雨を好きな理由、なるほど~!全然思いつきませんでした!こうやっていろいろな「好き」が増えたら、じめじめ苦手な雨も少しずつ好きになれそうです(*´∀`*)調査団編集部:マリカナ団長

年代性別不明

【嫌い!】私は日本人では恐らく少数派の"傘を差さない派”なんですよね。だからある程度の雨量の雨が降ってて道行く人が皆、傘を差している場合でもあんまり傘を差して歩きません。でも、突然出先で夕立に出くわしたり、ザンザン降りの日にやむ終えない事情から外出しなければならない時などは流石に傘を差します。傘は折りたたみは傘の部分の骨が折れ曲がりやすいし、長い傘は傘でまた、閉じた時に持ち運ぶのが煩わしい…。だから私は雨が嫌いなんです…涙

40代女性

【ふつう】どうしても外出しなければならない時は荷物が濡れるのが嫌なので、あまり好きではない。が、窓の外の夕立の降っている様子や、稲妻が光っているのを眺めているのは好きだし、雨上がりのきれいになった空気を感じるのは好きだ。また雨は植物の生育や飲料水の確保など生物が生きていく上には、必要不可欠なものだとも思う。時と場合によって、好きだったり嫌いだったりするので「ふつう」だろう。 44才  京都府  既婚 女性

40代男性

【死ぬほど嫌い!】スーツのズボンのプレスがとれて、ちくわみたいになる。 43才  東京都  既婚 男性

40代女性

【大好き】苦手な体育の授業がつぶれるので、子供の頃はそれは雨に感謝していました。その名残と、ガーデニングに精を出す現在は、水やりがお休みできるのも感謝。雨のしっとりした雰囲気も好きで、家の中から雨が降るのを見るのがたまりません。 48才  千葉県  既婚 女性

40代女性

【まぁ好きかな】雨が降ると。空気が、空がきれい。時々だけど虹が出現。葉っぱの水滴のキラキラ。傘にふれる雨の音。雨の情景わりと好きです。だけど、豪雨は…除外、でお願いします。 44才  東京都  未婚 女性

50代男性

【まぁ好きかな】雨の日は、うっとうしい方もいらっしゃるでしょうが、心を落ち着けて、いろいろするにはいい日です。雨の日にできること:(1)溜まっていた本を読む。(2)ネットでじっくり調べものをする。(3)掃除をする。(意外と綺麗になる。)(4)思い切って外出して展覧会や買い物などに行く。(空いていて思わぬプラスがあります)雨の日にできないこと:(1)洗濯。(2)外出。実は、(1)も(2)もできます。(洗濯は貯まっている場合は、乾燥機で乾かす。外出も可能です。) 要は気の持ちようではと思います。 54才  千葉県  未婚 男性

50代男性

【死ぬほど嫌い!】気象病で、低気圧が来ると頭痛や吐き気がするからです。 51才  東京都  既婚 男性

60代男性

【ふつう】私自身の暮らしには、雨は迷惑なんだけど、農産物の販売をするという仕事柄雨が降らないと困るのです。農産物も雨が降ると泥にまみれるし嬉しくはないけど、やはり雨を浴びて元気になっている姿はありがたいなと思います。ちなみに今年の近畿地方は雨が少なく、畑に水を撒いています、大変です。 74才  京都府  既婚 男性

60代男性

【大好き】私は雨に濡れるのが大好きです。罪深い人生を送っているからかな。雨が全てを流しくれる。 64才  福岡県  既婚 男性

50代男性

【嫌い!】出掛けるのが億劫に成る!外出には傘が不可欠になるし、雨が上がれば傘を忘れる確率も高くなる。おまけに傘を他人に持って行かれる事もしばしば。又外出時は健康面や経済面を考慮して自転車を活用して電車など公共交通はなるべく使用しないようにしているが、強い雨風の際は自転車は非常に弱い! 54才  大阪府  未婚 男性

50代女性

【死ぬほど好き!】近所の子供が大勢、外で大騒ぎして遊べないから。近所での大声での井戸端会議もなくなるから。 52才  神奈川県  既婚 女性

40代女性

【死ぬほど嫌い!】自転車で通勤しています。雨の日は「かっぱ」を着たり、帽子をかぶったり、足元もカバーしなきゃ…と準備が大変なので、大嫌いです。 48才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

【そんなに好きでもない】必要だというのはわかるのですが、まず、傘をさすのが好きじゃない。それでレインハットやレインコートを利用するが、バッグやなかみまでぬれてしまう。海外は乾燥しているところが多いので、濡れても気にならないが、やはりじめじめしているので後がいや。 56才  東京都  未婚 女性

50代女性

【大好き】トタン屋根に当たる雨の音が心地良くて、水分で潤った緑色が鮮やかになり、街では普段見られない傘の花が咲くのが楽しくて、池や水溜りに落ちる雨の水紋を撮るのも楽しいです。カエルやカタツムリが喜んでいるかな?などと無駄な想像をしたり。でももちろん晴れの日も好きです。 53才  北海道  未婚 女性

30代男性

【そんなに好きでもない】私は駅まで徒歩40分位掛かる鉄道空白エリアに住んでおります。雨天だと駅までのアクセスがバスのみとなり、只でさえ少ない本数のバスに自転車族が流れ込んできて、混雑に拍車が掛かり著しく遅れるから「嫌い」と言いたいところですが。畑や田んぼで野菜や米を育てるため、または夏に発生する水不足のことなどを考慮に入れますと雨・梅雨は必須です。山野の動物や植物のためにも梅雨などの雨期があるのはきわめて自然なことですので、「そんなに好きではない」にさせていただきました。 36才  東京都  未婚 男性

60代男性

【死ぬほど嫌い!】気分悪い、服がぬれる、靴がいたむ、カバンがぬれる、傷むばかりでお金がへる。車の塗装も傷む。乗れば事故の危険性も高い。犬の散歩で犬も、いきたがらない。 64才  千葉県  既婚 男性

40代女性

【ふつう】雨の匂いや雨の風景、今頃の田園風景はけっこう好きだけど。駅から自宅が遠いから雨降ると自転車でいかれなくなってしまう。長い道のりを駅にたどり着くまでびしょぬれになる。買い物も重いものを買って帰ることができなくなるから。そういう部分では雨はやっかい。 47才  埼玉県  既婚 女性

40代女性

【嫌い!】のびのび歩けない。カッパを着ると暑い。髪がちぢれる。気圧が低くて体がむくむ。部屋がべたべたする。湿度が上がってイライラする。足元が滑る。先日道で雨のせいで滑って転んで傘が壊れて両膝がむらさきいろになった!痛かった。家の「浸透ます」があふれる。 47才  東京都  既婚 女性

40代男性

【ふつう】基本的には「雨」は「鬱陶しい」の代名詞ですので、好きではありません。でも、これほど毎日暑い日が続くと、「雨でも降らないかなぁ~」なんて、勝手な事を願ってしまいます。結果、「ふつう」と言ったところでしょうか。。。 48才  奈良県  既婚 男性

40代男性

【死ぬほど嫌い!】ズボンが濡れるのも、靴が湿るのも、傘を差しながら歩くのも、電車に乗って他人の傘が体に触れるのも、濡れた傘を持ち歩くのも、全てが嫌です。雨が降ったら外出したくないんだけど、仕事や用事があるから仕方ないです。 47才  東京都  既婚 男性

40代女性

【そんなに好きでもない】学生の頃は体育が嫌いで雨が降ると嬉しかったけれど~今は大人になったので、あまり梅雨の時期の様に降り続くと洗濯物が乾かないので嫌いです。(天気に関係なく愚息は洗濯物を出すので) 47才  静岡県  既婚 女性

50代男性

【死ぬほど好き!】都会の喧騒を掻き消してくれるから 55才  大阪府  既婚 男性

60代男性

【ふつう】健康つくりに毎日1時間は歩いていますが、雨の日はアーケードのある通りしか歩けないない、傘が必要になるため不便です。ただ小さいですが家庭菜園も行っており、雨が降らないと困る面もあります。 65才  富山県  既婚 男性

50代女性

【嫌い!】とにかく「心が沈む」のが一番嫌な理由です。それと湿気は本当に嫌。傘を使うのも、雨の中歩くのも嫌い。ただし室内から雨に煙る街を眺めるのは好きです。矛盾していますが。(^^) 54才  千葉県  未婚 女性

50代女性

【まぁ好きかな】広島県南部は雨天が少なくて乾燥しているから。子供の頃から育った近畿地方に比べて湿度が少なく乾燥肌になってしまったのが悩み。他には雨天に外出すると人出が少なくて好き。 50才  広島県  既婚 女性

40代男性

【まぁ好きかな】街の騒がしい音が聞こえなくなるから。あの落ち着いた静かな感じが好きです。が、体の弱い恋人が、風邪をひいたり体調を崩したりすることがあるので…大好きと言えません。 42才  神奈川県  未婚 男性

40代女性

【大好き】雨を見ていたり、雨音を聞いたりすると、心が落ち着く。あと、適度な雨はとっても大切だと思うので(私が住んでる地域は雨が少ない)、降ると安心する。 45才  広島県  既婚 女性

40代女性

【そんなに好きでもない】なぜか気分もどんよりする。出かけるときも服装が気になるし、濡れた傘を持ち歩くのも荷物になるし、家の中はジメジメするし、晴れてるほうが家事がはかどるし、、あんまりいいことないなぁ。とはいえ「恵みの雨」夜中にザーッと降って朝には晴れてるのが理想だけど。 41才  東京都  既婚 女性

40代女性

【死ぬほど嫌い!】蒲柳の質なので様々な症状が出る。くわえて傘もささなあかん。タクシーに乗りたいが先立つものが無い。靴も傷む。しかしお百姓さんにはなくてはならないものだ。 49才  東京都  既婚 女性

40代男性

【大好き】「雨が降ったらぽんぽろろん」という絵本の台詞が好きだから 46才  北海道  既婚 男性

60代男性

【嫌い!】「梅雨時の兎は弱い」という謂れ(?)から。本人が6月生まれの卯年でして。経験的に子供のころ飼っていた兎も梅雨時に生まれた仔の死亡率は高かったし。まあ本人が古希過ぎても元気に生きてるのは、家族の手厚い支援と本人の努力の賜物(←バカか?)と思ってますが。兎に角(≠ダジャレ)、梅雨のムシムシ・ジメジメしたのは嫌いです。 74才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

【ふつう】スコールのようなどしゃ降りが好き、しとしと雨はうっとうしい、だけど古都の竹林や紫陽花にお似合いのしとしと雨は好きって、結局シチュエーション次第ってか? 56才  埼玉県  既婚 男性

雨・梅雨についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. お弁当の購入価格は平均557円。最も価格が安かった年代は40代で、432円
  2. レトルトカレーの人気ランキング 1位 ボンカレー、2位ククレカレー
  3. 好きな缶詰ランキング 1位ツナ・シーチキン、2位さば、3位さんま
  4. 「ごちそう」と聞いて、約6割が思い浮かべるのは「高級な食事」
  5. バイキングのよくないと思うところ 1位はついつい食べ過ぎてしまう
  6. 牛丼を注文してから出てくるまでの理想の時間は「1分」が最も多い
  7. 好きなペットボトルのお茶ランキング 1位は「お~いお茶(伊藤園)」
  8. コーヒー ホット派 VS アイス派…68%がホット派と回答
  9. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」
  10. メインのクレジットカードを使い続けている理由、1位は「年会費が無料」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官