平成の印象的な海外経済の出来事といえば、1位はリーマン・ショック

本文へジャンプします。


何でも調査団
時事・季節 2019年4月26日

平成振り返り(政治・経済・国際)についてのアンケート・ランキング

「平成で印象に残っている政治の出来事や経済の出来事、国際関係の出来事は?」など“平成の政治・経済・国際”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2019年03月29日~2019年04月11日/有効回答数:2,041



レポート04 平成の印象的な海外経済の出来事といえば、1位はリーマン・ショック

平成の時代に印象に残っている「海外経済」の出来事は何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

平成の時代に印象に残っている「海外経済」の出来事について調査しました。総合ランキングで1位は「リーマン・ショックが発生」で63.6%、2位は「日産自動車がルノーの傘下」で43.0%、3位は「ユーロが現金通貨として発足」で35.2%、4位は「中国のGDPが日本を抜き世界第2位に」で27.3%、5位は「ギリシャ経済危機が表面化」で25.3%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「リーマン・ショックが発生(平成20年)」 63.6%
2位 「日産自動車がルノーの傘下に(平成11年)」 43.0%
3位 「ユーロが現金通貨として発足(平成14年)」 35.2%
4位 「中国のGDPが日本を抜き世界第2位に(平成22年)」 27.3%
5位 「ギリシャ経済危機が表面化(平成22年)」 25.3%
6位 「三菱地所が米国・ロックフェラーセンターを買収(平成元年)」 22.6%
7位 「米中貿易戦争(平成30年)」 20.0%
8位 「GM、クライスラーが経営破綻(平成21年)」 20.0%
9位 「アップル社が初の時価総額世界一に(平成23年)」 13.5%
10位 「マイクロソフト、時価総額世界一に(平成10年)」 13.1%

■すべての世代で「リーマン・ショック」は1位

年代別にみてみても、すべての世代で「リーマン・ショック」は1位になりました。
※30代以下は「ユーロが現金通貨として発足」も同率で1位でした。

【30代以下】
1位 「リーマン・ショックが発生(平成20年)」 30.8%
1位 「ユーロが現金通貨として発足(平成14年)」 30.8%
3位 「中国のGDPが日本を抜き世界第2位に(平成22年)」 19.2%
3位 「アップル社が初の時価総額世界一に(平成23年)」 19.2%
5位 「ギリシャ経済危機が表面化(平成22年)」 15.4%
5位 「米中貿易戦争が顕在化(平成30年)」 15.4%

【40代】
1位 「リーマン・ショックが発生(平成20年)」 59.9%
2位 「ユーロが現金通貨として発足(平成14年)」 36.8%
3位 「日産自動車がルノーの傘下に(平成11年)」 32.4%
4位 「ギリシャ経済危機が表面化(平成22年)」 25.0%
5位 「中国のGDPが日本を抜き世界第2位に(平成22年)」 21.3%

【50代】
1位 「リーマン・ショックが発生(平成20年)」 66.0%
2位 「日産自動車がルノーの傘下に(平成11年)」 38.7%
3位 「ユーロが現金通貨として発足(平成14年)」 38.1%
4位 「ギリシャ経済危機が表面化(平成22年/2010年)」 23.9%
5位 「三菱地所がロックフェラーセンターを買収(平成元年)」 21.5%

【60代以上】
1位 「リーマン・ショックが発生(平成20年)」 63.4%
2位 「日産自動車がルノーの傘下に(平成11年)」 50.0%
3位 「中国のGDPが日本を抜き世界第2位に(平成22年)」 34.6%
4位 「ユーロが現金通貨として発足(平成14年)」 32.8%
5位 「米中貿易戦争が顕在化(平成30年)」 28.2%

ちなみに、男女別でみてみても、いずれも1位はリーマンショックでした~。

「調査団員の声」では平成の時代の「政治・経済・国際」に関することで、印象に残っていることやエピソードを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代女性

ベルリンの壁の崩壊は、本当に壁を一般の人たちが壊しているのをみてびっくりした。政治的な式典などで国家が壊すというのではなく、本当に一般市民がハンマーをもって壊したり、壁に乗ったりして、これまでの東西分断が終わったというのが衝撃的だった。 62才  東京都  未婚 女性

住んでいた場所が違っていただけで突然離れ離れになって、違う教育を受け、違う生活をして。。そんな人達とまた一緒になれるなんて、想像を超える出来事ですね!調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

絶対的と思われていたものが次々と崩れていった、イメージ崩壊の時代だったのではと思います。バブル崩壊は昭和期に始まっていたように思いますが、不動産神話まで崩壊。日本では自民党政権が崩壊、世界ではソ連が崩壊。世界の王様気取りだった米国も弱体。日本経済では、まさかの大手金融・証券企業の経営破綻、空の覇者JALまで破綻。モノづくり日本を崩壊させるような、大手企業のごまかし不正や経営失態。帝政というか中央集権というか、いわゆる絶対君主的な存在があって、兵隊はそれに寄り添って頑張っていればいいというモデルが崩壊し、よく言えば多様化、俗にいえば統制が取れないしっちゃかめっちゃか状態になり、皆が言いたいことを言い放題・やりたい放題で、大局的には何も前に進まなくなった。思えば、猟奇的な事件がやたらと増加したのも、これに端を発していたのかもと思います。 50才  東京都  未婚 男性

様々なものがリセットされたことで、そこにいろいろなチャンスが生まれました。でもそのチャンスを活かすのはなかなかむずかしい。。調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

それ以前の米・ソを軸とした対立構造の危機から、北朝鮮・韓国・中国・という日本を取り巻く国々からの危険にさらされる時代に変化したと思います。また、東日本・熊本・北海道胆振などの大きな地震や、九州・西日本の大雨被害など、大きな災害に見舞われた事が印象に残っています。次の時代は、明るい話題が多くなる事を希望します。 58才  北海道  未婚 男性

ネットを通じて、災害時の日本人の行動や対応が海外に知られました。つらいときでも助け合う姿が。これからはもっと笑顔が広がる時代になってほしいです>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

ソ連をはじめ、ルーマニアのチャウシェスク政権、ベルリンの壁崩壊など、共産圏の国々が次々と崩壊し、資本主義対共産主義の冷戦が終わり平和ムードが漂った。しかし、今度はイスラム過激派によるテロが起こり、世界はイデオロギーの対立から宗教の対立また経済格差による対立により新たな火種が発生することになった。そしてまた、米中の摩擦、朝鮮半島問題など、世界の争いの種は尽きることはないのかと思ってしまう。 57才  京都府  既婚 男性

60代男性

町工場に勤務している時代、小泉内閣時代でした。派遣社員なるものができ、今までの人件費が【固定】から【変動】費となり、会社社員の【永久就職】から【変動費】となり、町工場の社長は人件費の節約を考えだし、社員は景気に応じ社員削減をし、町工場社員の技術が国の内外へ流出し、技術を持った社員の再就職先企業または中大企業のグローバル化に拍車がかかった。 66才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

上海出張中に 尖閣の衝突が発生し ました 帰国の朝ホテルでテレビ付けたらトップニュースでしたから 空港までのタクシーの車中で も 事故でも起きて 日本鬼 と言われて引き降ろされたら と心配でした飛行機が飛んで領空外に出るまでドキドキでした 59才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

天安門事件、ベルリンの壁崩壊、ソビエト連邦崩壊など、世界的に表向きは民主化に向かって舵が切られたような印象を受けます。でも、実際は武力による鎮圧や内部統制の強化など、塗り壁のような民主化にとどまっている国がほとんどであるのが非常に残念です。 50才  千葉県  既婚 男性

60代男性

やはり長年に渡って万年不動の与党だった自民党政権が漸く『政権交代』して野党に成り民主党政権が発足したのは良いけど、中々多くの国民の期待に応えきれたとは言えなかったのが残念!理想は良いけど全てにおいて経験不足!有権者も直ぐに結果を求めるので残念ながら英米並みの『二大政党制』は日本ではなかなか育たない! 60才  大阪府  未婚 男性

40代男性

北海道拓殖銀行の破綻、です。就職を機に、仕事場の近くにあった拓銀(北海道拓殖銀行の略称)に口座を作りました。まだその時は、バブルの残り熱もあったように感じていました。時が流れ、変な噂を聞くようになりました。「拓銀、ヤバそうだよ」と。そして、とうとうその時が来ました。テレビでは政府からの「落ち着いた行動を取って下さい。預金は保護されます。預金を多く引き出さないで下さい」との中継がありましたが、当時の私の仕事は主に夜勤だったので、混乱を感じる事はほとんどありませんでした。次の疑問は、拓銀は何処と合併するのか、でした。始めは北海道銀行との合併が有力だったのですが、拓銀の不良債権の多さにビビッて、北海道銀行は逃げました。次は北洋銀行です。とりあえず普通に合併しましたが、ATMなどのシステムが違う為、しばらくは銀行の支店によってATMでは使えない通帳もありましたが、そのような不便を乗り越えて現在に至ります。 48才  北海道  未婚 男性

50代男性

平成元年に導入された消費税。国民皆反対の中導入された新税だが、世はバブル景気の真っただ中。誰もが経済に影響はないと思っていた。だがこの時から日本経済は後退をはじめ、3年後バブルは崩壊。俗にいう「平成不況」となった。更に導入時3%だった消費税は現在8%。たった30年で6割も引き上げらた。現在、この国の政府は景気は回復していると言うが、そう感じている国民は少ない。逆に歪んだ国の経済政策によって、国民の間に「格差」という、埋めようのない深溝を生んだ。そして今年、新元号と同時に消費税はまた引き上げられる。格差は更に広がり、不安と不満は広がるだろう。未来に希望を持てない国が進んだ末路は、歴史が証明している。しかし私は思う。新しい時代を迎え、この国の民は賢い。必ずやまた格差のない繁栄の華を咲かせるだろう。この国に生まれたものとして、そう信じ願うのみである。 53才  東京都  既婚 男性

60代女性

7.1.17日「阪神・淡路大震災」23.3.11日「東日本大震災」東京電力福島第1原発が炉心溶融。地震国日本の2次被害の残酷さも痛切に感じた。7.3.20日「オウム真理教・地下鉄サリン事件」市民を無差別に殺傷した「テロ」という言葉を日本社会が受け止めなければいけない始まりだった。13.9.11日アメリカ合衆国で起きたイスラム過激派テロ組織アルカイダによる「米同時多発テロ事件」ニューヨークを訪れた翌年に起きた事件、旅客機が衝突炎上するワールドトレードセンター、ツインタワーの映像を見た時のショックはなかなか収まらなかった。 80才  滋賀県  既婚 女性

50代男性

ベルリンの壁やソ連邦の崩壊から始まり多くのことが印象に残っているが1つだけあげるとすると911。米国は歴史上どの国家、地域からも攻撃を受けたことがなくまた軍事力は断トツの世界一。その米国に起きた同時多発テロは生でニュースが配信され驚きを超えて恐怖すら感じた。第三次世界大戦の始まりか、もしか世界が終わる?その余波は結局ずっと続いたままで貧困や差別、格差は拡大の一途。優れたリーダーたちが世界中からいなくなってしまったことも感じられる。 56才  群馬県  既婚 男性

60代男性

国内では安倍首相の采配で何とか経済が立ち直り、まったく信用されない野党を大きく引き離す経済政策で、日本が維持されているが、突発的に上昇した経済でないので一般はそれに気が付かづ、経済政策の間違いとしか言えない野党の在り方、また安倍首相は初めて首相として訪問国に対し、日本の技術の高さをPRし、営業活動をし経済を支える役目もしてくれている。今まで首相が各国にメーカの人間を連れて行き、PRをした人はいない。 76才  東京都  既婚 男性

50代男性

バブル経済の崩壊です。私は平成3年に社会人になりましたが、当時はまだまだ景気が良く、バブル入社と呼ばれました。それが数年で状況が一変しました。幸い私の会社はあまり打撃を受けずに済みましたが、友人の一人は北海道拓殖銀行に入行していたので、倒産の憂き目に遭いました。その友人はその後、同窓会や集まりなどにもあまり顔を出していないようです。やはり大変な傷跡を残した出来事だったと思います。 51才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

トランプ大統領の登場は平成最大の衝撃でした。世界をリードすべき国の大統領があろうことか世界に無理難題を押し付けているように見える。「トランプには困ったもんだねえ」と、一時は我々の世間話の挨拶代わりにもなったほどである。そう言うアメリカとの同盟関係にある日本は令和の世にどのように推移してゆくのだろうか、甚だ心配である。 76才  東京都  既婚 男性

60代女性

バブル崩壊までの飽食の時代が凄かったと思います。全ての人々が大金を手にして、好きなことを好きなだけやっていました。一見、幸せそうに見える不思議な時代でした。リーマンショックで一気に失墜することなど想定していず、生活がガラリと変わってしまった事も世界経済の連鎖性を目の当たりにしました。 60才  北海道  既婚 女性

60代男性

最近と言う事もありますがやはりアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩総書記長の歴史的な会談と思います。成果はと言うと?のとろが多いですが会って話が出来たと言う事は大きな進展と思います。この先どの様な展開に成るのかは全く解りませんが平和を維持する為に良い方向の進展を期待しています。 70才  東京都  既婚 男性

50代男性

自民党が野に下り、これからは新しい時代が拓けると心躍る思いで政権交代を応援しようと思っていたら、元野党が全く役に立たず、自民党時代以下の最悪の事態に陥った。結局、政治が行える組織作りをしてきたのは自民党だけだと思い知った時代。東日本大震災時の対応が正に、それを如実に表している。 54才  岡山県  既婚 男性

60代男性

衆院選で自民党が大敗、民主党政権の誕生(平成21年/2009年)あの自民党が政権から降りる衝撃と、また期待感と高揚感もありました。しかし、その政権運用は、素人の私からみても、稚拙さ満載。今の政治に無関心な風潮の蔓延は、この民主党の迷走が最大の原因だと思います。 67才  東京都  既婚 男性

60代女性

リーマン・ショックが衝撃的でした。持っていた金融商品があっという間に値下がりして行きました。解約すれば元も子もありません。しばらくは、値下がりした金融商品を持っていることを考えないようにしました。数年後、持ち直してくれた時はホッとしたことを覚えています。 63才  大阪府  未婚 女性

60代男性

仮想通貨の流行、仮想通貨による経済の混乱。ネット・バンキング等、カードにチャージするプリペイドを超越した支払い方法の流行。2つとも流行の速度が速すぎて、秘匿、個人情報の漏洩防止等の安全性が置き去りにされていて怖い。信用し過ぎている人達が多くて怖い。 61才  愛知県  既婚 男性

60代男性

ベルリンの壁が崩壊された時 たまたまデュッセルドルフに滞在しておりました。成田に向かう空港で購入した日本の新聞を見て「松田優作」さんが亡くなられたことを知り、たいへんショックを受けたので 昨日のことのように印象深いです 77才  広島県  既婚 男性

60代女性

小泉さんの池袋での演説は、聴衆の声で大地が動くと感じられるほどでした。それだけ変化を期待していたと思いました。橋本内閣時代から審議委員など引き受けていましたが民間と行政の乖離に嫌気がさしていて、こうした変化を好ましく感じました。 67才  島根県  既婚 女性

60代男性

最も印象的なのは独裁的な指導者の出現や極右思想の台頭。そして様々な分断。それは日本にとっても無縁ではないだろう。最近になって日本も世界もますます混沌としてきた気がする。はたして、今後はどうなるのか。心配でたまらない。 61才  東京都  未婚 男性

50代女性

消費税が上がったことにより、本をすべて刷りなおさなければならなくなったこと。それまで税金込の金額が書かれていたが、消耗品ではないためそのままの表記にしておけず、その後は「本体価格+税金」との表記になったそうです。 55才  東京都  未婚 女性

60代女性

ベルリンの壁崩壊はずっと昔のことだと思っていたのに、平成の出来事だと知りびっくり。国際社会の激変の中で日本はまあ平和なことよと思いました。願わくばこの平和が続かんことを。 69才  東京都  既婚 女性

60代女性

反対勢力に対するヘイトスピーチで、悪意をエネルギーにするトランプ大統領の出現に恐怖を覚える。この手法は、共産主義、次にユダヤ人を敵として”憎しみ”を訴えたヒトラーに似ている。 70才  東京都  既婚 女性

50代女性

小泉首相の時代 ハンセン病の人たちの隔離をやめたこと。北朝鮮に拉致された方々を帰国させたこと。私の場合、経済などよりこういう、人を助けたり救ってくれたことの方が心に刻まれる 58才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

自民党の私利私欲が目につく政治に「No!」を突き付け、発足した民主党政権。途端に官僚の非協力。加えて国民のブーイング。官僚は自民党との蜜月を取り戻したかったのだろうが、選挙後こそ有権者の支えが必要なのに、何とも愚かしく思えた。今になって安倍政権を批判したって「遅いよ」としか思えない。もっともスタート地点に立つまでは熱心なのに、スタートした途端に冷める国民性は、結婚式にしても大学入試にしても、その他諸々に共通していることだが。 60才  東京都  未婚 男性

60代男性

昭和の最後は、バブルの時期だったが、日本では中間層以上が9割いて非常に豊かな時代であった。しかし、平成の最後には、日本では中間層以上が5割強になり、20代に至っては正社員と非正規社員がはぼ同率で格差が広がる一方になっている。現実に昭和の最後の一人当たりの給与は平成の最後の一人当たりの給与と比べると昭和の方が多く、平成は経済も政治も失敗であったと言わざるを得ない。国家として貧しくなったということである。この差分は、全部企業の内部留保となっているのではあるまいか? 60才  千葉県  未婚 男性

50代女性

私は決まった政党の応援者ではありませんが、東日本大震災の時に民主党政権だったことは、つくづく残念です。特に福島の原発事故、当時の首相の対応のまずさから、あのような事態に陥ったと思っています。民主党の内部で統率が取れてなかったのか、一枚岩の対応が出来ずてんでバラバラ。その責任を感じている当時の民主党議員は、今皆無なのではないでしょうか。 55才  福島県  既婚 女性

60代男性

「平成」時代というのは、ただの偶然ですが、ソ連の「失敗」の重大な影響が露わになった30年でしたね。でももっと深刻なのは、かねてから「反スタ」を唱えてきたことをもって「織り込み済み」と平然として「懲りない」面々もおられることなのかも知れません。挫折感を読み取れないのは良いことなのか悪いことなのか。皆さんはどうお考えになるでしょうか。 72才  愛知県  未婚 男性

50代男性

消費税導入だねえ。その後も、税率をあげるたびに、景気が悪くなるんだから、最悪の制度だよ。日本の財政は、もともと、何の問題もないのだから、消費税を廃止すべきよ。もし、財政が逼迫したら、日銀券を発行すればいいだけ。貨幣量を増やせば、円安になるし、景気は、自然と良くなるわ。国は、国民の財布に、手をつっこむんじゃない! 53才  千葉県  未婚 男性

60代女性

国内の政治の印象は 倫理観の欠如 日本の国を私物化してる国家の運営 国のお金はだれのものという印象を強くした時代です。日本という国は 三権分離、国民主権平和憲法がじまん?というか理念だったと思われてきたが 国会議員の道徳観から崩れてるように感じる。安倍総理一人の時代だったと勘違いするくらい印象深い 71才  宮城県  既婚 女性

60代男性

小泉政権:自民党はそれ程ダメージを受けなかったが、郵便局は大変なダメージを受けており、未だに特殊切手の発行などマイナス慣習が残ってしまった等、止むに止められない凝りを遺している。 拉致問題を明らかにした成果はあったものの、全般的には、個人の感情だけで判断した戦後最大の誤政治の時代だったと思う。 75才  兵庫県  既婚 男性

50代男性

国の経済が果たして良くなっているのか悪くなっているのか、一般市民にとってわかりにくい状況になっていること。民営化や規制緩和は良いが、国債の問題がいっこうに解決せず、子供の世代に負担を残したままにされてきたこと。自国の国債の利子は自分の税金で支払っていることを知っている人が意外と少ないと思う。 53才  大阪府  未婚 男性

50代男性

韓国の通貨危機のちょっと前のころ、ソウルに住んでいたのですが、銀行に掲示している預金金利が、8パーセントとか、9パーセントって出ていました。あの利息の額には驚きました。 預金しようか、という誘惑にちょっとかられましたけれども、銀行がつぶれたらどうしようもないし、と慌てて思い直してやめました。 59才  香川県  既婚 男性

60代女性

民主党政権になり鳩山由紀夫氏が総理大臣となり沖縄の基地問題で県外に基地をと発言されたこと。沖縄の負担を軽減することは平成時代でも解決できなかった。軍事力に頼るのは行きつく先は悲惨な戦争なので、相手国を理解し合うべく何度も何度も政治としても市民同士としても交流することに力を注いでほしい。 70才  大阪府  既婚 女性

50代男性

私にとっては、1991年のバブル崩壊になります。その年、はじける寸前に現在の会社に転職しました。その結果が良かったのか悪かったのか?分かりませんが、転職していなければ、もしかするとイランの人質事件の当事者になっていて、今頃この世にいなかったかもしれないし等、考えてしまいますね。 58才  鹿児島県  既婚 男性

40代女性

一番には、リーマンショックと国からの医療費(特定)助成対象から外されたことが、わが家にとってとてもダメージが大きい出来事でした。また、安倍さんが常々仰っているアベノミクスとやらの効果は、全くと言って良いほど一般庶民には伝わったり感じられません。 49才  静岡県  既婚 女性

50代男性

北京五輪の時に、長野などで聖火ランナーが走った時に大勢の中国人が傍若無人の蛮行を繰り広げたにもかかわらず、警察は逮捕どころか注意もしなかったこと。時の総理大臣・福田康夫が中国政府に忖度したのが原因らしいが、今思い出しても腸が煮えくり返る! 53才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

平成21年の衆院選で自民党が大敗し、民主党が300議席越えるという大波乱が生じ、自民党本部には財界人はじめ来客者も疎らとという大いなる転換期があったはずだが、そのエネルギーが今やすっかりと退潮してしまって嘆かわしいの一言である。 71才  大阪府  既婚 男性

50代男性

バブル礼賛やその後のデフレ礼賛など、マスコミ報道が同じ論調を取るとき、その反対が正解である事例が多く見られました。インターネットが普及するにつれ、オールドメディアのデタラメさが分かり、政治経済などの報道を信じなくなりました。 52才  東京都  未婚 男性

50代男性

政界、経済界共に“日本と日本人”を軽視するようになった。ヘイト規制を強める一方「日本死ね」などという言葉が流行語大賞となり、社員を教育することなく安易に外国人を雇用するようになった。格差はどんどん大きくなっている。 55才  大阪府  未婚 男性

60代男性

超円高で、企業が儲かっていたにも関わらず、社員の給料は上がらなかった。日産自動車がルノーの資本提携を受け入れたこと。日本の銀行が手を差し出すことが、出来なかった。 71才  千葉県  既婚 男性

60代男性

金融機関の相次ぐ経営破たんによって、それまでの企業に対する安心感や信頼というものが一気に吹っ飛んだ。 ぬるま湯のような経営体制から常に危機に相対する経営へと大きく変化した。 65才  埼玉県  既婚 男性

40代女性

一番印象に残ったのは「ベルリンの壁崩壊」など一連の東西冷戦構造の崩壊ですかね。中高校生時に習った世界構造が、こんなにあっさり書き換わるとは、と思ってみていました。 48才  愛知県  未婚 女性

40代男性

北海道に住んでいた者としては北海道拓殖銀行(たくぎん)の経営破たんは驚きました。道外に引っ越した後でもかわいいキャラクターの通帳に数十円残して保管していました。 46才  青森県  既婚 男性

60代男性

民主党が政権を取って、良くなると思ったが、彼らは政権をもてあそぶだけでまともな政権じゃなかった。東日本大震災は起こるわ、毎年、総理は変わるわひどい政権だった。まともな政治感覚が無い連中に政権を渡したらこうなると学ばせてもらいました。日本が世界中から物笑いにされた3年間でした。一夜にして、民主党が無くなるのも、この政党なら有りですね。もう、絶対に野党には投票しないようにしています。自民党もひどいけど、野党はもっとひどい。選択の余地がありません。この国の不幸ですね。 66才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

民主党300議席越えで民主党政権に、期待したが何もできず、そのリバウンドの国民無視の現政権。また、しっぺ返しが来ることを期待したいが、駄目だろうね。政権内で自浄を願う。答弁と説明だけはしっかりやってほしい。見苦しい。 71才  東京都  既婚 男性

平成振り返り(政治・経済・国際)についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  2. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  3. 好きな出前メニューはやはり鉄板の1位ピザ、2位寿司・海鮮丼
  4. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  5. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  6. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  7. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  8. 朝・昼のニュース番組の人気ランキング、1位 NHKニュース おはよう日本
  9. 24.8% が肩こりや腰痛で仕事や学校を休んだことがある
  10. 視力「0.1以下」が35%と断トツ。「1.0以上」は18%と約2割

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官