夏の旅行といえば…1位は同率で「海水浴」と「避暑」

本文へジャンプします。


何でも調査団
旅行・おでかけ 2012年7月6日

旅行についてのアンケート・ランキング

「夏の旅行といえば?」「海外旅行から帰ってきて真っ先に食べたくなる日本食は?」など“旅行”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年6月22日~6月28日/有効回答数:4,033



レポート01 夏の旅行といえば…1位は同率で「海水浴」と「避暑」

夏の旅行といえば何ですか?

グラフ
編集部まとめ

夏の旅行といえば…の回答は、「海水浴」「避暑」が同率1位、回答数にしてわずか【3票】差でした。

年代別で見ると、若い世代は「海水浴」「川遊び」「バーベキュー」「花火」と活動的な項目が目立つ一方で、年代が上がるにつれて「避暑」が高くなってきているのが特徴的。

ちなみに地域別で見ると、北海道では「キャンプ」「ドライブ」、東北では「海水浴」「花火」「夏祭り」、関東では「避暑」、北陸・甲信越では「花火」が他の地域に比べて飛びぬけるなど、地域性も見られる結果となりました。

若年層がアクティブ系の目的なのに対し、高年齢層はいわゆる『日本の夏』的な方向にふれていますね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

地域によって『夏の旅行』のイメージが違うのも面白いですね。東北の夏といえば、祭ですもんねえ。

調査団編集部:マリカナ副団長

「温泉」というコメントも多くいただきました。暑い中で温泉もオツですが、青森の八甲田山中なんかだと夏でも涼しいので温泉がとても気持ちいいんですよねえ。

「調査団員の声」では、皆さんの夏の旅行に関するエピソードをご紹介します。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
60代女性

ハワイに家族で行ったとき。ワイキキの浜辺が遠浅で波も高くなかったので、当時小学校3年4年だった娘たちが二人で海に入って楽しく遊んでいたら、突然大きな波が来て、下の娘が波にさらわれたらしい。そのとき現地の人に助けてもらったらしいが、恥ずかしかったらしく一言も言わなかった。数年たってからあの時はこうだったという話をされて、びっくりしてしまった。親は3歳の下の息子と砂浜にいて全然気が付かなかった。ハワイの人ありがとう。あらためて感謝します。もう18年も前の話です。 61才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

7月16日・17日の京都・祇園祭に出掛けた時のことです。その年はあろうことか、祇園祭当日に台風がやって来るとの天気予報(*_*; それでも「絶対に晴れる!」と言い募り、16日に東京から祈って京都に向かったところ、新幹線から見える富士山の天気がどうしてか晴れていたので、…大丈夫!晴れだ!… と確信して京都入りしたところ、本当に台風がそれて快晴になったことがありました(*^_^*) 確信を持った祈りは大切です!? 50才  東京都  未婚 女性

40代男性

8年前の家族一緒に沖縄旅行。おばあちゃんが怖がらずバナナボートに乗ったことと子供達が初めての飛行機に乗って感動するかと思ったが、いたって冷静だった。自分のときは興奮したものだけど。 49才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

子供の頃の家族旅行。テント代わりに車から蚊帳をつって川原で寝ていたら、朝、犬を散歩させている人たちに珍しそうに覗かれていて、恥ずかしくて起きられず、必死で寝た振りしてました。 52才  大阪府  既婚 女性

40代女性

私が小学生の頃、仕事人間の父が珍しく家族旅行を企画してくれました。夜行列車も離島へのフェリーも初めてで、はしゃぎまわっていたのですが、目的地に到着したらそのまま父は別に来ていた部下の方と仕事へ。母にも事前の説明がなかったらしく、呆然としておりました。結局三泊四日で、父と一緒にいたのは朝ごはんの時だけ。今思えば色々無理をしてくれたのでしょうが、せめて母に位話しておけばよかったのに、父のワンマンぶりに家族で当時は怒りっぱなしでした。悪いことしたな~~(笑) 46才  北海道  既婚 女性

60代男性

50年以上前になる。軽井沢から北軽井沢迄、今はなき横川軽井沢間のアプト式列車と草軽電鉄を乗り継いで行った。草軽電鉄はナローゲージと、特長のある電気機関車が引っ張り山道をのんびりとキーキーきしみながら登って行く。線路際の野草が窓から手を伸ばせば取れる位の速さ。目的地までかなりの時間がかかった。帰りも同じ路線で帰った。夏だというのに寒くて寝られなかったことを思い出す。 71才  神奈川県  既婚 男性

40代女性

子どもを連れていった沖縄旅行。ルネッサンスホテルはイルカをホテル内で飼育していて、家族ごとにイルカと触れ合えたり、泳げるプログラムに参加でき、親子で大感激しました。もう一つは、鴨川シーワルドの夜の水族館で泊まるイベント。大水槽の前で一晩中過ごし、昼間とは違った魚やエビ、サメの様子を観れて感動的でした。 47才  東京都  既婚 女性

60代男性

長女が3歳、次女が1歳の時キャンプに行った。日中は川遊び、夜は花火と楽しく遊び、テントで親子4人が寝たが、夜中に女房が次女がいないと大騒ぎして起こされた。あわててテントの外を探しまわったら、テントから50mほど離れた場所で真っ暗な中泣きもせず砂遊びをしていたのを発見、胸をなでおろした。 64才  茨城県  既婚 男性

40代男性

3泊4日でちょっと高いホテルに泊まり、しかも目の前にプライベートビーチ。泊まらなければ誰もこれない海でした。3泊すれば少しくらい雨でも大丈夫だろうと思っていたのに、ホテルに着くまで快晴だったのに、…低気圧が台風になりやがった。帰る日は快晴でした。 47才  神奈川県  既婚 男性

40代女性

三重県の夫婦岩の間から登る日の出を見に行った時♪夜中に着き、満点の星空にも感動したけど、その日の日の出は年に数回しか無い程の神秘的な日の出の様で、感動で涙を流している人もいました。それ位綺麗だった。 46才  兵庫県  既婚 女性

60代男性

5、6年ほど前ですが阿波踊りを見に行きました。歌の文句にあるように(♪踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆ならおどらにゃそんそん)踊りを見ているうちに、自然と体が動き出し、踊りの仲間に入っていました。 69才  千葉県  既婚 男性

60代男性

若い頃は子供を連れて、近所の同じ年頃の友達と毎年海に泳ぎに行った。恒例の行事だったが、子供が大きくなり親離れをしてからは、親だけの旅行となり泳ぎを止めて静かな温泉に行くようになった。 72才  大阪府  既婚 男性

40代女性

2歳位の頃から中学生の頃まで毎年南伊豆の民宿に連れて行ってもらいました。民宿のおじいちゃん、おばあちゃん、おじちゃん、おばちゃん、あんちゃんにとても可愛がってもらい、私にとっては田舎に遊びに行く感じでした。海の男でかっこよかったおじちゃん、台所で金目鯛の煮つけを作っているおばちゃん、プロレスごっこをしてくれたあんちゃん、忘れられない素敵な思い出ばかりです。 44才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

子供の頃に母の姉弟5人といとこ総勢20人くらい?でJRとバスを乗り継いで祖父母の住む海岸線にある田舎に泊まった。大人数でザコ寝したのに、初めて聞く海鳴りがとても怖かった。店も冷蔵庫も無い田舎の風景が今も目に焼きついている。帰る時に祖母の涙を見た。今はもういない祖父母との懐かしく楽しい思い出。 52才  北海道  未婚 女性

50代女性

奥只見に主人と渓流釣り旅行に行った時の事。釣り宿の朝は早く、奥只見の駅がある、でも駅前なのに全くもって賑やかではなく・・・。朝靄の中、始発電車の発車のベルだけが響き、ほかには何も聞こえない。話声も響かんばかりの静けさは、都会には無い不思議な世界でした。 50才  東京都  既婚 女性

60代女性

ウン十年前に行った東北旅行。方向音痴の時間音痴が発作的に始めた一人旅行ですから、思ったとおり乗り継ぎのたびに間違えて、何回田老の駅で時間待ちしたことか。今度の地震で跡形もなく駅舎が消えた(らしい)とわかった時は本当に泣けた! 71才  東京都  既婚 女性

40代男性

高校生のときに友達3人で清里のペンションに行った。その当時は今ほどにぎやかではなかったけど、何だか少し大人になった気がして、とても楽しかった。 43才  静岡県  既婚 男性

60代男性

キャンプ場で川遊び、子連れだったが一緒に夢中になって想定外の強い紫外線で日焼け。子供は小学生だが日焼けは慣れっこ、こちら(親)は青白い軟弱サラリーマン。夜テントに入っても体がほてって一晩中苦しんだ。楽しくも苦しい思い出。 73才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

とにかく海大好き人間一人でも夜中に車を走らせて海へまっしぐら。冷たくしたきゅうりと味噌を持って、海辺では好きなだけぷかぷか浮いたら海の家でかき氷の苺とラーメンを食べることが楽しみでしたね 52才  長野県  未婚 女性

40代女性

大学時代、サークルで恒例だった15泊17日の北海道旅行。布団に寝たのは1泊だけ(あとは寝袋生活)というのも学生ならではですが、たった17日間で惚れた腫れたの問題が頻出したのも学生ならではでしょうか……。それがきっかけで卒業後結婚した友人もいますが(笑) 40才  神奈川県  未婚 女性

旅行についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官