本文へジャンプします。

船についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
旅行・おでかけ 2016年1月29日

船についてのアンケート・ランキング

「乗ったことのある船は?」「船で嫌だと思うことは?」「豪華客船に乗ったら、やりたいことは?」など“船”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2016年01月15日~2016年01月21日/有効回答数:2,745

調査レポート

レポート01 【好き派】は51%と過半数超え、【嫌い派】は13%

船は好きですか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると「大好き!」「好き」「どちらかと言えば好き」をあわせた【好き派】は51%と過半数。「大嫌い!」「嫌い」「どちらかと言えば嫌い」をあわせた【嫌い派】は13%で、【好き派】が多いという結果でした。

■男性のほうが船を好きな人が多い!
【好き派】のうち「大好き!」「好き」と答えた人を男女別に見てみると、男性が31%に対して女性は20%。男性のほうが、船好きが多いようです。

ちなみに、年代別では、上の世代ほど「好き」と答える人が多かったです~。私は船はちょっと苦手で…できれば乗りたくです(∩´∀`;)

「調査団員の声」では、船が好きな理由・嫌いな理由を教えていただきました~。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
30代女性

【好き】もともと海が好きなので。子供の頃はよくフェリーを利用していて、北海道から青森まで旅行に行っていました。フェリーに乗るたびに船の後ろを追うイルカの群れが見れました。船内で過ごしていると、少々酔ってしまうのですが、イルカが見たいがためにいつもフェリーを利用していました。 19才  北海道  未婚 女性

わー、イルカの群れ、ホントに見れるんですね~! イルカ好きなので、イルカを見るためなら苦手な船にも乗れるかも…しれませ…(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

【大好き!】10歳からセーリングを始めた。人生そのもの。全ての競技者は平等に戦える。チームは信頼関係。命を預ける仲間たち。ドキドキわくわくする興奮。レーススタート前のアドレナリンの放出。このためだけに仕事をしているといっても過言ではない。 55才  大分県  既婚 男性

熱いですね! 熱が文章から伝わってきました! 人生そのものって言い切れるものに出会えたのがうらやましいですo(≧▽≦)o調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

【ふつう】遊覧船位ならいいのですが、船の旅行となるとイヤです。万が一、沈んでしまったらどうしようかしらと。怖いです。飛行機は落ちたら、、、とやはり怖いのですが。船は時間がかかるし、乗っている時間が多いです。同じ怖い思いをするなら、飛行機の方が短いからいいかしらって。 56才  長野県  未婚 女性

私がいる(´▽`)私もまさにそのとおりで、飛行機も船も苦手なので、どうしても移動するのに必要なら乗っている時間が短いほう、と思って我慢して飛行機に乗っています~。。調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート02 「フェリー・水上バス・遊覧船」の乗船経験は、なんと9割!

乗ったことのある船は?(複数回答可)
※停泊しているだけの船の乗船は除きます。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位の「フェリー・水上バス・遊覧船」はなんと91%!2位は「自分で漕ぐ手漕ぎボート」で75%、3位は「自分で漕ぐ足漕ぎボート(白鳥の形をしたボートなど)」で58%でした。

■男性は「釣り船、漁船」、女性は「テーマパークなどにある船」が多い!
男女別にみてみると、女性が多かったのは「テーマパークなどにある船」「船員さんの漕ぐ手漕ぎボート」など、観光系でした。一方、「釣り船、漁船」は女性が24%に対し男性が46%と約2倍、釣りは女性より男性のほうがしているようですね。

ちなみに年代別でみると、多くの経験を積んでいる上の世代ほどいろんな船に乗っていました! 私もホバークラフト、豪華客船、ヨット以外は全部乗ったことがあります! 水上バイクは、免許を持っている叔父の後ろに乗せてもらっただけですけど>▽<

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート03 一番最近船に乗ったのが「1年以内」という人は26%と約3割

船に最近乗ったのは、いつごろ?

グラフ
編集部まとめ

総計をみると、3カ月以内に乗った人は8%、1年以内まで範囲を広げると26%でした。逆に、10年より長く船に乗っていない人は45%と約半数おり、みなさんあまり船に乗る頻度が高くないことがわかりました。

■既婚者のほうが最近船に乗っている!
未既婚別で1年以内に船に乗った人の割合を見てみると、未婚者は18%に対し、既婚者は29%と大きな差がつきました。10年より長く乗っていない人でみても、未婚者は40%に対し、既婚者は22%と倍近い差がついており、既婚者のほうが最近船に乗っているようです。

ちなみに男女別にみてみると、男性のほうが最近船に乗っているようでした~。でも、男女別より、未既婚別のほうが、ハッキリ差がでていました。これって、もしかして、結婚したら船に乗る機会が増えるってことでしょうか(∩´-`;)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート04 乗船目的1位「移動手段(連絡船、水上バス、フェリーなど)」7割

船に乗った目的は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計を見ると、1位は「移動手段(連絡船、水上バス、フェリーなど)」で70%、2位は「観光(船からの景色を楽しむ)」で67%と、ここまでが過半数超え。3位は「レジャー・デート(手漕ぎボート、ディナークルーズなど)」で35%でした。

■上の世代ほど、船の楽しみ方を知っている?
年代別でみると、上の世代ほど「趣味の手段」「船旅」「パーティー・宴会・飲食」などの回答率が高く、ほかの世代よりも船を移動手段としてでなく、楽んでいるのがわかりました。

避難は2名だけだったのですが、実は私も避難しました!無人島で合宿があったときに、波が荒れすぎて船が出せなくなってしまい、それで避難用のシーカヤックに…。ホント、死ぬかと思いました>▽<;

「調査団員の声」では、船を使った観光で、良かった・印象に残った場所とその理由を教えていただきました。
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代男性

新婚旅行でギリシャのエーゲ海に行った時の事です。ほぼバックパッカーに近い貧乏旅行でしたが、旅行社の粋な計らいだったのか、ミコノス島に渡る時、豪華客船に便乗させてくれれたのです。この豪華客船には、お金持ちがエーゲ海クルーズするために乗ってたのですが、ミコノス島の近くに来た時に、我々だけ小さなタグボートに降ろされ、お金持ち達の拍手とともに、豪華客船から離れて島に向かったのです。今でも、キラキラ豪華なクルーズ船から、波間を漂うタグボートへの乗りかえた時の落差のある緊張感を思い出します。 60才  京都府  既婚 男性

エッ、うらやましい! 豪華客船に便乗なんて、一生忘れられない、ステキな新婚旅行の思い出ですね★ いいなー私も乗せてほしいです>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

都内運河のリバークルーズに参加。一ツ橋~日本橋川(神田橋・常盤橋・日本橋・呉服橋・江戸橋)~隅田川~豊洲運河~隅田川~神田川(美倉橋・昌平橋・万世橋・聖橋・水道橋)~一ツ橋というコース。小雨交じりに寒い日だったので、天井の開いたクルーズ船ではめちゃくちゃ冷たかった。でも日ごろ見ることの出来ない視点から東京都内~お台場等を見ることができて良かった。そのうえ添乗してくれた説明者の方が素晴らしく博識でいろんなことを教えてくれたので最高でした。 59才  千葉県  既婚 男性

東京都内を船でめぐるんですね、それはおもしろそうです~(´▽`*)東京に住んでいると、逆に東京の観光ってあまりする機会がない気がしますし、違う視点から東京を見るツアーってステキです♪調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

まだ学生の頃、友達と「香港」へ旅行しました。本場の中華料理や観光や買物を充分漫喫した後、もうひとつの目的地「マカオ」のカジノへ突撃!(当時はまだ香港はイギリス領、マカオはポルトガル領でした)マカオへはフェリーで移動なので、出国手続きをしてからいざ乗船!そうそう乗る機会の無いフェリーとこれから向かうカジノへの期待感に一同ワクワク^^、、していたら何やら船内で賑やかな掛け声がし始めました。見ると、何と乗務員さんが乗客へ「ビンゴシート」を売り回っていました!最初は目が点になりましたが、面白そうなので全員で購入。ひとしきり売り終えると、船内ビンゴ大会が始まり、あちこちから歓声奇声が飛び交って大盛り上がりでした。残念ながら我々一行は誰もビンゴならずでしたが、カジノの地へ向かう船内からすでにカジノワールド全開なんて、、一同、驚きとともに激しく感心したのでした^^ゞ 47才  埼玉県  既婚 男性

カジノへ行く前の船内でビンゴ大会、まさに移動も旅の一部、って感じでいいですね! ビンゴならずでも、そこで運を使っちゃわず貯めたという意味ではよかったんじゃないでしょうか?^▽^その後のカジノ、どうだったんだろう、気になります★調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 船で嫌だと思うことランキング 1位「船酔いをする」2位「揺れる」

船で嫌だと思うことは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計をみると、1位は「船酔いをする」で44%、2位は「揺れる」で33%、3位は「欠航しやすい(強風、高波、濃霧などで)」で32%、4位は「時間がかかる」で25%、5位は「沈没の恐れがある」で21%でした。

■女性は乗り心地、男性は時間に不満!
男女別にみてみると、「船酔いをする」「揺れる」など、快適性に関する項目で女性が男性を大きく上回っていました。男性は「時間がかかる」「到着時刻が定刻より遅れる」など移動時間に関する項目で女性より不満があるようでした。

私は昔釣り船に乗って酔って以来、船が苦手なのですが、平泳ぎもできないので、万が一を考えると怖くて乗れない、というのもあります((((;-;))))

「調査団員の声」では、船で嫌の思いをした経験や、船での失敗談を教えていただきました~。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

昔、大分空港からホバークラフトの連絡船に乗った時、海の荒れが大きく、客席でも垂直に2m以上上下しながらの航行で、めちゃくちゃでした。はっきり言って船酔いするどころではなく、しがみついているので精一杯でした。 61才  東京都  既婚 男性

す、垂直に2m以上上下( ;-;)文字を見ただけでクラクラしてくるほどですが、揺れすぎて船酔いもしている場合じゃないってよっぽどですよね…無事で(?)よかったです。調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

ナイアガラの滝で遊覧船に乗船。かなり滝に接近すると聞いていたので、安全そうな下のフロアにいましたが、暴風雨のような水しぶきでカメラのレンズがずぶ濡れになり、ほとんど写真が撮れませんでした。上のフロアにいた人たちもほとんど下のフロアに避難してきて、大混雑に… 49才  埼玉県  既婚 女性

遊覧船で近づくなら、そんな暴風雨みたいな水しぶきは想像しませんよね(T▽T)もう少し離れたところから安全に写真を撮らせてくれてもよかったですよね。汗w調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

フランスから客船で日本に帰ってきたときの話です。向こうでお金を使い果たし、やむを得ず3等船室の客になりました。季節は夏で、船室は蒸し風呂のよう。4人の相部屋でフランスからベトナムに行く兵士、東洋へ出稼ぎに行くというフランス人夫婦と同室で毎日がフランス語のお勉強でした。それだけでも大変なのに3等船客の大半を占めるインド人に合わせて食事が明けても暮れてもカレー。ついには汗までもカレー臭くなりました。栄養に対する配慮もなく私はついに栄養失調状態になり、思い切って船医の診察を受け、ややマシな食事をもらえるようになりましたが手遅れ。横浜に着いたときは肉体的にも精神的にもひどい状態でした。迎えに来てくれた母や妹がフランス帰りというから洗練されたナリをしているかと思ったら浮浪者同然の格好で、見ているだけで恥ずかしかったと後でこぼしていました。実はまともな着替えはトランクに仕舞い込んであったのです。それだけでも引っ張り出して着替えておけばよかった(後の祭り)。 85才  神奈川県  既婚 男性

フランスから船ってど、どのくらいかかるのでしょう…1カ月くらい…でしょうか? そんな間中ずっと聞き慣れない言葉にカレーカレー…つらすぎますね(´;ω;`)調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 船の出てくる洋画ランキング 1位は「タイタニック」で66%

船の出てくる洋画で、見たことのあるものは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計を見ると、1位は「タイタニック」で66%、2位は「ジョーズ」で62%、3位は「パイレーツ・オブ・カリビアン」で49%、4位は「ポセイドン・アドベンチャー」で48%、5位は「太陽がいっぱい」で46%でした。

■2013年以降の作品はまだ見ている人が少ない
年代別に見ると、50代では「ジョーズ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」、60代以上では「太陽がいっぱい」「白鯨」は、ほかの世代よりも突出して見た、と答えている人の割合が高くなっていました。なお、2013年以降の作品はまだ見ている人が少ないようでした。

ちなみに男女別で見ると、女性より男性が10%以上高かったのは「ポセイドン・アドベンチャー」(14%差)、「白鯨」(14%差)、「バトルシップ」(13%差)でした! 男性はやっぱり戦う映画が好きなんですねー! 私が見たのは「タイタニック」「パイレーツ・オブ・カリビアン」です★

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート07 豪華客船でやりたいことランキング 1位は「食事を楽しむ」で71%

豪華客船に乗ったら、やりたいことは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計を見ると、1位は「食事を楽しむ」で71%、2位は「星空を見る」で50%、3位は同率で「ショーを見る」と「バーでお酒などを楽しむ」で39%、5位は「自室でのんびり」で37%でした。

■女性は「星空を見る」、男性は「バーでお酒などを楽しむ」「カジノ」
男女別にみると、女性が男性より多かったのは「星空を見る」(12%差)。一方、男性が多かったのは「バーでお酒などを楽しむ」(11%差)、「カジノ」(8%差)でした。1位の「食事を楽しむ」は男女とも圧倒的な1位でした。

船は苦手だけど、もしかすると、豪華客船なら大丈夫でしょうか…。綺麗な星空を眺めて、おいしい白いご飯で食事を楽しんでいたら、海の真ん中にいることを忘れられそうですね(*´▽`*)うん、いいかもしれません~♪

調査団編集部:マリカナ団長

調査レポート



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官